クローン犬ビジネスがあるらしい

犬のクローン、今の時代作れてしまうのはわかります。

ということは、愛犬が亡くなってしまったときに、その犬と同じ姿かたちのクローンも作れる、ということです。

実際に、韓国では、このクローン犬を作ることがビジネスとなっているようです。

ネットで、「韓国 クローン犬」で検索すると、いくつかのネットサイトの記事が表示されます。

費用は1頭が約1,000万円ということです。

すでに1,300頭ぐらいのクローン犬を手掛けているとのことです。

ちなみにアメリカには現在、もっと安く5万ドル、今のレートで550万円ほどでしょうか、そのくらいでクローン犬ができ、猫だとさらにその半額でできるそうです。

韓国の企業の場合、注文の半分ぐらいは北米からで韓国内からの注文はほとんどないようです。

クローンにはいろいろと議論があり、特に倫理的な観点から否定的な意見も多いように思います。

しかし、現実としてすでにお金さえあれば、愛犬が死んだとしても、全く同じ姿の犬をまた飼うことが出来る、ということです。遺伝的にコピーしているので、性格も同じような性格なのでしょうか。でも、性格は生まれた後の環境などで変わりますからね。

韓国だけでもすでに1,300頭ものクローン犬が生まれている、ということは、それを発注する人間もそれに近い数だけいる、ということですね。この数字が多いのか、少ないのかは、考え方によるでしょうけど。

でも、少なくともそれだけの人が愛犬のクローンを望んでいる、そして今後さらに愛犬のクローン犬を望む人は増えていくのでしょう。

ビジネスとして考えれば、今後の有望な分野なのかもしれませんね。

でも・・・。


▼ペット・トライアングルお勧め!フードを一切使用しないお勧めの犬のしつけ教材⇒「森田誠の愛犬と豊かに暮らすためのしつけ法」
▼最初だけはフードを使っても、という方には⇒「イヌバーシティ」
▼噛み癖でお困りの方には⇒噛み犬のしつけに重点的に取り組んできたカリスマトレーナーのしつけ法
amazonの売れ筋ランキング
犬用品ドッグフードトイレシートお出かけ用品

姿かたちは同じ犬でも中身は全く別の犬

クローン犬は見た目はほぼ元の犬と同じになるのでしょう。完全ではない、とも言われているようですが、ほぼ元の犬と同じ見た目にはなるようです。柄の入り方などもほぼ同じように入り、少なくとも、見た目は同じ犬なのでしょう。

もしかしたら、似ているのかもしれません。

でも、どんなに見た目や性格がそっくりでも、やはりクローン犬は元の犬ではありません。

もとの犬の魂、あるいは意識が残っていて、その新しいクローン犬の体に乗り移るのであれば、まさに元の犬と同じかもしれません。前の体での記憶も引き継いでくれていれば。

でも、そうではないでしょう。

であれば、やっぱり亡くなった愛犬とは、全く別の犬ではないでしょうか。

人によっては、見た目だけでもそっくりな犬であれば、ペットロスが軽減したり、癒されたりするのかもしれません。

でも、僕は逆に、それには抵抗を感じてしまいます。

例えば、先日3年目の命日を迎えたトイプードルのプーちゃん

ぷーちゃんのクローン犬が今作れるとしたら、作りたいと思うのか、と聞かれれば、きっぱりと「No」です。というようりも、絶対に作りたくありません。

ぷーちゃんは、あのぷーちゃんが唯一のぷーちゃんであり、もし見た目が同じでも、それはまた違う犬です。

それはそれで可愛いと思いますが、逆に、同じような見た目であれば、いつもぷーちゃんを思い出し、悲しくなってしまいそうです。

あるいは、見慣れてくるとその犬が可愛くなり、もとのぷーちゃんを忘れてしまうのではないか、というようにも思ってしまいます。そんなことは絶対にない、と思いながらも、もしそうなってしまったら自分が許せなくなってしまいそうです。

そんな大げさに考える必要はないのかもしれませんが、僕にとってのぷーちゃんは、3年前に旅立ったあのぷーちゃんただ1頭だけなのです。

そして、体は失っても、ぷーちゃんの心、魂、意識は残っていると信じています。だから、いつもぷーちゃんはそばにいると思っています。そして、いつか虹の橋のたもとで合うことが出来ると信じています。

それは、ぷーちゃんだけでなく、チロ、そしてミルキー、サラ、コナンもみんな同じです。

みんなこの世の中に1頭しかいない犬なのです。

クローン犬を望む人もいるでしょう。それを否定するつもりはありません。

ただ、僕は望まないだけです。

決して、ぷーちゃんが再来してくれるわけではありませんから。

▼ペット・トライアングルお勧め!フードを一切使用しないお勧めの犬のしつけ教材⇒「森田誠の愛犬と豊かに暮らすためのしつけ法」
▼最初だけはフードを使っても、という方には⇒「イヌバーシティ」
▼噛み癖でお困りの方には⇒「噛み犬のしつけに重点的に取り組んできたカリスマトレーナーのしつけ法」
amazonの売れ筋ランキング
犬用品ドッグフードトイレシートお出かけ用品

使役犬としてのクローン犬

また、クローン犬を作る目的には、そういった亡くなった犬のかわり、ということではなく、使役犬として、その犬の持つ優れた犬の能力を引き継がせる、という考え方もあるようです。

そういう考え方でクローン犬を作ることはどうなのでしょうか。

例えば、警察犬や麻薬探知犬、あるいは牧羊犬でも、何か特別な用途に使われる犬の中に、特に優れた能力を持つ犬がいたとしたら、その犬のクローンをつくれば、ある意味、人間社会にとって、とても有益になるのかもしれません。

でも、それもどうなんでしょうか?

それはつまり、優れた機械を何台も製造するのと同じではないのでしょうか?

いわば、ロボットやアンドロイドのようなもの、と言っても良いのではないでしょうか。

命をそのように扱っても良いのでしょうか、と僕は思ってしまいます。

出来ることは、すべてやっていい、ということではないのではないでしょうか。

つまり、これが倫理的な問題、ということでしょう。

これについては、人によっていろいろな考え方があると思うので、全員一致でこうすればいい、ということが決まることはないでしょう。

クローンもそうだけど、再生医療、そして人間の知能を上回るAIの出現、科学の進歩はいいことかもしれないけど、これから先、どんな世の中になっていくのだろうか。


amazonの売れ筋ランキング
犬用品ドッグフードトイレシートお出かけ用品

★☆★ ペット・トライアングルの一押ししつけDVD

ペット・トライアングルが唯一参考にしたフードを一切使用しない森田さんのしつけ法、犬のしつけに真剣に取り組みたい方に一押しのDVDです!

▼「森田誠の愛犬と豊かに暮らすためのしつけ法」 DVD 2枚セットはこちらからどうぞ

★森田式犬のしつけ方法とは?
▼最初だけはフードを使っても、という方には⇒「イヌバーシティ」
▼噛み癖でお困りの方には⇒「噛み犬のしつけに重点的に取り組んできたカリスマトレーナーのしつけ法」

▼サイトコンテンツ

■■■■■

▼ドッグフード専門の情報サイトドッグフード・インフォ Dogfood-Info

■愛犬の健康のために、まずはお試し価格でどうぞ!

■ペットの臭いが気になる方も、まずはお試し価格で!