なぜ犬を叱るのか?

可愛い愛犬、でもつい叱ってしまう、怒ってしまうことありませんか?

例えば、

  • 犬が机の上の食べ物をつまみ食いしようとしたり
  • 犬が大事な洋服を咥えて遊んでいたり
  • 犬がスリッパを咥えて持って行ってしまったり
  • 犬が絨毯の上におしっこをしてしまったり
  • 犬が入ってほしくない畳の部屋に入ってしまったり

などなど・・・。

こんなとき、つい愛犬の名前を大きく声を出して叱ったり、コラッ、ダメ、イケナイ、と甲高い声で叱ったりしてしまう、よくありそうなことですね。

なぜ、こんな時に、つい犬を叱ってしまうのでしょうか?

まぁ、考えるまでもなく、

  • 犬に机の上の食べ物を犬にたべさせたくない
  • 犬に大事な洋服を汚してほしくない
  • 犬にスリッパをどこかへもっていってほしくない
  • 犬に絨毯におしっこをしてほしくない
  • 犬に畳の部屋には入ってほしくない

というのが犬を叱ったり、怒ったりする理由ですよね。

つまり、犬にしてほしくないことを、犬がしてしまったときに、犬を叱る、怒る、ということです。

当たり前のことです。あえて書くまでもないかな、というような。


◆ペット・トライアングルお勧め!
▼フードを一切使わない最強しつけ法⇒「森田誠の愛犬と豊かに暮らすためのしつけ法」
▼最初だけはフードを使っても、という方には⇒「イヌバーシティ」
▼噛み癖でお困りの方には⇒噛み犬のしつけに重点的に取り組んできたカリスマトレーナーのしつけ法
amazonの売れ筋ランキング
犬用品ドッグフードトイレシートお出かけ用品

犬を叱らないためには?

でも、出来れば愛犬を叱ったり、怒ったりすることなんてする必要がない方がいいに決まっています。

では、愛犬を叱ったり、怒ったりしないようにするにはどうしたらよいのでしょうか?

もちろん、そんなことをしないようにしっかりとしつけトレーニングを行う、というのが、大正解です。本来は、しっかりとしたしつけトレーニングを行って、犬がそういったやってほしくない行動をしないようにしつけていくのが、やるべきことです。

本来はそれがやるべき解決策なのですが、でも、しつけトレーニングをしなくても別の回答もあるのです。

これも単純で、当たり前の話ですが、前述のようなケースで考えれば、次のようにすればよいのです。

  • 犬が届くような机の上には食べ物を置かない
  • 犬の行動範囲に洋服を置かない
  • 犬の行動範囲にスリッパを脱がない
  • 犬の行動範囲には絨毯を敷かない
  • 犬が畳の部屋には入れないようにする

少し拍子抜けするような対策ですが、要するに物理的に犬が出来ないようにしてしまえば、その問題は絶対に怒らないので、それが原因で犬を叱ったり、怒ったりすることは全くなくなる、ということなのです。

当たり前の話なのですが、実は犬を叱った原因を考えると、このように物理的に犬がそれを出来ないようにするだけで解決する、という犬の問題行動はけっこうたくさんあるのではないでしょうか。

  • 犬が噛んだり、加えたりしてほしくないものは、犬が動けるエリアにはおかない、あるいは、そういうものがある場所には犬が入れないようにする。
  • 犬に入ってほしくないところはしっかりと扉を閉めて、あるいは柵などをおいて、犬が絶対に入れないようにする。

しっかりとしたしつけトレーニングを行わなくても、このようにするだけでそれらの犬の問題行動は簡単に解決できる、ということなのです。

そして、それが犬を叱らない、怒らない、ということにもなるのです。

当たり前の話ですが、けっこうこれが大切なのです。

◆ペット・トライアングルお勧め!
▼フードを一切使わない最強しつけ法⇒「森田誠の愛犬と豊かに暮らすためのしつけ法」
▼最初だけはフードを使っても、という方には⇒「イヌバーシティ」
▼噛み癖でお困りの方には⇒「噛み犬のしつけに重点的に取り組んできたカリスマトレーナーのしつけ法」
amazonの売れ筋ランキング
犬用品ドッグフードトイレシートお出かけ用品

本来はしつけだけど、飼育環境の見直しだけでも犬を叱らずに済む

とはいえ本来は、

  • 机の上に食べ物があっても犬がそれを食べようとしないようにしつける
  • 洋服などがおいてあっても犬がそれで遊んだりしないようにしつける
  • スリッパが脱いであっても犬がそれをくわえないようにしつける
  • 絨毯におしっこをしないように犬をしつける
  • 畳の部屋へ入れるようになっていても犬は畳の部屋に入らないようにしつける

これがやるべきことであり、理想です。

でも世の中にはどうしてもしつけなんかしたくない、という人もいるし、したいとは思っていてもなかなかできない、と言う犬の飼い主さんがいることも事実であり、そういった飼い主さんの方が多いのかもしれません。

そういった飼い主さんでも、犬がやってほしくないことをすれば、やはり叱ったり怒ってしまう、それが普通でしょう。

でも、犬を叱るということは、犬がストレスを感じるだけでなく、叱る飼い主さんにもかなりのストレスがかかっている、ということになります。

また、叱り方によっては、興奮した飼い主さんを見て、犬は飼い主さんが喜んでいる、一緒に遊んでくれている、と勘違いして、その飼い主さんにとってやってほしくないことを、犬はより楽しくやるようになってしまう、その行動がエスカレートしてしまう、ということにもなりかねません。

それは飼い主さんにとっては、より大きなストレスにもなり、犬によってもストレスを感じたり、また一部の犬にはとても楽しい遊びになってしまいます。

でも、前述したように、物理的に犬が出来ないような飼育環境にするだけで、そういった問題は簡単に解決できるのです。

愛犬をつい叱ってしまう、という飼い主さんで、そうはいってもしつけは・・・、という飼い主さんには、せめて、愛犬の飼育環境だけでも、もう一度見直してほしいと思います。

そうすれば、犬を叱る、ということをしないでもっと楽しく犬と接することが出来るようになると思いますよ。

ぜひ、犬を叱らないためにはどうすればよいのか、ということを考えて愛犬を飼ってあげてほしいと思います。


amazonの売れ筋ランキング
犬用品ドッグフードトイレシートお出かけ用品

★☆★ ペット・トライアングルお勧めしつけDVD

ペット・トライアングルが唯一参考にしたフードを一切使用しない森田さんのしつけ法、犬のしつけに真剣に取り組みたい方に一押しのDVDです!

▼「森田誠の愛犬と豊かに暮らすためのしつけ法」 DVD 2枚セットはこちらからどうぞ

★森田式犬のしつけ方法とは?
▼最初だけはフードを使っても、という方には⇒「イヌバーシティ」
▼噛み癖でお困りの方には⇒「噛み犬のしつけに重点的に取り組んできたカリスマトレーナーのしつけ法」

▼サイトコンテンツ

■■■■■

▼ドッグフード専門の情報サイトドッグフード・インフォ Dogfood-Info

■愛犬の健康のために、まずはお試し価格でどうぞ!

■ペットの臭いが気になる方も、まずはお試し価格で!