ラブラドールレトリバー、人間大好き、陽気で活発

ラブラドールレトリバーラブラドールレトリバー、またはラブラドールレトリーバーとも呼ばれています。ラブラドールレトリバーと言えば盲導犬、おとなしくて従順な犬、というイメージを持たれている方も多いかもしれません。

確かに盲導犬となれる資質を持っているのがラブラドールレトリバーです。でも、実際に盲導犬になれるのはほんのわずか。

ラブラドールレトリバーと言っても、当然のことながら、ラブラドールレトリバーならすべてが盲導犬になれるわけではありません。

盲導犬になれる資質の高い犬を交配して、生まれた子犬をパピーウォーカーに預けて、その中から盲導犬になれそうな資質を最も強く持つ子犬を選び、訓練して、訓練に残った犬が盲導犬として活躍できるのですが、その門はラブラドールレトリバーにとっても狭き門です。

ほとんどのラブラドールレトリバーは、その資質を持ちながらも、温厚でおとなしく従順な犬、ではない?のです。

▼グーグル画像検索でラブラドールレトリバーの画像を見る


amazonの売れ筋ランキング
犬用品ドッグフードトイレシートお出かけ用品

本来のラブラドールレトリバーは、いい意味で、おとなしい、とは正反対の犬なのです。

とても陽気で活発で、もちろん人が大好きな犬種、それがラブラドールレトリーバーなのです。

特に子犬から成犬になるまでは、かなりのやんちゃで、おとなしいイメージで飼い始めた方は、少しばかり驚くかもしれません。

それでもまだイエローのラブラドールレトリバーはまだ落ち着きがある方でしょう。

ブラックやチョコレートのラブラドールレトリバーの元気さ、パワー、やんちゃぶりは半端ではないのです。

そうなんです。ラブラドールレトリーバーは毛色で性格がはっきりと違う、と感じさせてくれる犬種なのです。

これについては、ラブラドールレトリーバーの性格のページで詳しく書いています。

とにかく、ラブラドールレトリバーは毛色にかかわらず陽気で遊び好き。

基本的に人間大好きな犬種で、先天的に攻撃的な性格を持つ犬はあまりいないと思います。

しかし、だからと言って、小型の愛玩犬を飼うようなつもりで飼ってはいけない犬種です。

ラブラドールレトリバーは大型犬である

ラブラドールレトリバーは大型犬です。

どんなにラブラドールレトリバーに悪意がなく、遊んでいるつもりでも、飛びかかられたら子供や高齢者は転倒して怪我をしかねません。

しっかりとした飼育管理としつけは必須です。

適切な飼育環境としつけトレーニングによって、ラブラドールレトリバーの持つ、本来の能力、盲導犬にもなれる従順性が、発揮されることになるのです。

そうなれば今までのいたずらっ子を脱却し、我慢強く、主人の言う事は絶対厳守するよう頑張る犬になり、ラブラドールレトリバーとしての本領を十分に引き出すことができるでしょう。

しっかりとした飼い方・しつけ方がとても重要な犬種なのです。

ラブラドールレトリバーは人間が大好き、誰とでもすぐに仲良くなります。

飼い主さんだけでなく、自分をかわいがってくれる人全てに、というより、自分を一番かわいがってくれる人が、自分の主人と決めてしまうようなところもあるようです。

しかし、しっかりとしたしつけトレーニングで飼い主さんとの主従関係と信頼関係を作ったラブラドールレトリバーは、飼い主さんをしっかりと自分のリーダーであると認識してくれます。


amazonの売れ筋ランキング
犬用品ドッグフードトイレシートお出かけ用品

ラブラドールレトリバーの歴史

そんなラブラドールレトリバーは、漁師に愛された犬が起源と言われています。

ただ、ラブラドールレトリバーの原産は、実際の所、はっきりはわかっていないようなのです。

現在のところ、カナダのラブラドール半島、または同じくカナダのニューファンドランド島で、漁師の飼っていた犬が、原産であることが有力なようです。

もともとはヨーロッパの漁師が連れて行ったスパニエル系の犬が、そのままカナダの漁師によりその土地に土着化したのが、現在のラブラドールレトリバーの元の犬ということです。

そして、その犬がカナダからイギリスに逆輸入され、現座のラブラドールレトリバーとなっている、といわれています。

もともとレトリーバーというのは獲物を回収する狩猟犬の意味を持っています。

つまり猟師の仕事をなんらかの形で手伝っていたのでしょう。

実際、ラブラドールレトリバーは泳ぎもとても得意なのです。

そして現在、ラブラドールレトリバーと言えば、最初のところで書いたように、盲導犬として使われる犬種としても活躍している、大昔から、人の役に立つことをしてきた犬なのです。

人間大好き、とても陽気な犬種ですが、忘れてはいけないのが大型犬ということです。

ラブラドールレトリバーが陽気にはしゃぎまわれば、その行動は、大きな破壊力をも生み出します。

愛玩犬と同じような感覚で飼ってはいけないのです。

ただし、盲導犬になれるくらい訓練性の高い犬ですから、しつけトレーニングを行えば、しっかりと答えてくれる犬種でもあります。

従って、訓練次第では、限りなく名犬になる能力を持っているのが、ラブラドールレトリバーなのです。

最初の方でも書いた通り、ラブラドールレトリバーは毛色によって、性格の違いを強く感じる犬種です。

実際に接してみて感じる、ラブラドールレトリバーの毛色による性格の違いをラブラドールレトリーバーの性格のページで書いていますので、併せてご覧ください。

▼ラブラドールレトリバー メニュー

▼犬種の特徴-紹介犬種一覧のページへ

★☆★ ペット・トライアングルの一押ししつけDVD
ペット・トライアングルが唯一参考にしたフードを一切使用しない森田さんのしつけ法、犬のしつけに真剣に取り組みたい方に一押しのDVDです!

▼「森田誠の愛犬と豊かに暮らすためのしつけ法」 DVD 2枚セットはこちらからどうぞ

★森田式犬のしつけ方法とは?


amazonの売れ筋ランキング
犬用品ドッグフードトイレシートお出かけ用品

▼サイトコンテンツ

dogfood-info11ペット・トライアングルのドッグフードカテゴリーを「ドッグフード・インフォ」という新しいサイトに独立させました。現実的なドッグフードの選択のお役に立つサイトにしていきます。ぜひ一度ご覧下さい。

▼ドッグフード専門の情報サイトドッグフード・インフォ Dogfood-Info

■愛犬の健康のために、まずはお試し価格でどうぞ!

■ペットの臭いが気になる方も、まずはお試し価格で!