ミニチュアダックスフンドの毛質と毛色について

JKCでは、ダックスフンドの毛色は、単色、2色、その他の色、と3つの区分でそれぞれ規定されています。

単色については、レッド、レディッシュ・イエロー、イエロー(クリーム)が認められています。

レディッシュ・イエローとは、赤みがかったイエロー、つまりレッドとイエローの中間色です。

特にこの中でもレッドに価値がおかれているようです。レッドは本来のダックスフンドの色であり、ダックスフンドにとっては最も自然な色ということでしょうか。

また、これらの色にまばらに黒い毛が混じっている場合、シェーテッドと呼ばれています。シェーテッド・イエロー(クリーム)などと呼ばれます。

このシェーテッドも単色に分類されています。

2色については、ブラックとブラウンを基本として、目の上、マズル及び下唇の側面、耳朶の縁の内側、前胸部、脚の内側及び後部、足の上、肛門の周り、などがタン(黄褐色)またはイエローが入っている毛色でブラック・タンなどと呼ばれる毛色です。

ブラックもブラウンも、それぞれ鼻と爪の色も、ブラックとブラウンとのことです。

その他の色とは、ダップル、タイガーブリンドル、ブリンドルをさしています。


ダップルに関しては、基本となる色が常にダーク系(ブラック、レッドまあはグレー)でその色の中に、基本直よりも薄いグレーまたはベージュの斑が入っているものが良いとされています。

ブリンドル系は、レッドまたはイエローで濃い縞がある毛色です。

スムースとロングに関しては、上記の通りの毛色が認められていますが、ワイヤーに関しては、上記の色も認められていますが、通常ほとんどのワイヤーはワイルドボアという猪色、またはドライリーフ、デッドリーフという枯葉色です。

以上が現在JKCで公認されているダックスフンドの毛色とのことです。

*参考 JKCのダックスフンドのページ

次のページは ダックスフンドに認められていない毛色

前のページは 毛質と毛色について

▼ミニチュアダックスフンドの毛色と毛質

  1. 毛質と毛色について
  2. ダックスフンドのスタンダードな毛色
  3. ダックスフンドに認められていない毛色
  4. 毛色のトラブル

★ペット・トライアングルが唯一参考にしたフードを一切使用しない森田さんのしつけ法、犬のしつけに真剣に取り組みたい方に一押しのDVDです!

「森田誠の愛犬と豊かに暮らすためのしつけ法」 DVD 2枚セット


amazonの売れ筋ランキング
犬用品ドッグフードトイレシートお出かけ用品

ミニチュアダックスフンドについてメニュー

▼飼い主さんへのお役立ち情報 メニューページへ


▼サイトコンテンツ

■■■■■

▼ドッグフード専門の情報サイトドッグフード・インフォ Dogfood-Info

■愛犬の健康のために、まずはお試し価格でどうぞ!

■ペットの臭いが気になる方も、まずはお試し価格で!