うちの犬はオスワリは出来る、という飼い主さんがほとんどだとは思いますが・・・

オスワリ、と言えば犬のしつけの基本中の基本と言っていいでしょう。

ろくに犬のしつけなんかしていない、という飼い主さんでも、ご飯の時はオスワリをさせる、だからうちの犬もオスワリだけは出来る、という方がほとんどなのではないでしょうか。

でもオスワリなんて、しつけとは思わずに、単に犬にフードをあげる前のルーチンワークとしてやっているようなところもあるのではないでしょうか。

オスワリなんて・・・、というような感じで軽くオスワリを考えている人も多いように思います。

でも、こおオスワリは、冒頭に書いたように、しつけの基本中の基本なのです。

そして、オスワリという飼い主さんの指示で確実にオスワリが出来るということはとても重要なことなのです。

フードを犬に与える時にオスワリをさせている、という飼い主さんは多いと思いますが、それ以外の時でもオスワリと言えば、犬はすぐにオスワリをしてくれますが?

もちろん、という方も多いでしょう。

では、散歩でほかの犬に合ったりして、喜んだり、逆に吠えたりしている時に、その犬にオスワリという指示を出したときに、すぐにその犬はオスワリをするでしょうか?

また、飼い主さんがおうちに帰った時に、お留守番をしていた犬が出迎えて、喜んで飛びついてくるときに、オスワリと指示を出せば、すぐに飛びつきを止めてオスワリするでしょうか。

玄関のチャイムがなると吠える犬に、すぐにオスワリと指示を出すと、吠えるのを止めてすぐにオスワリするでしょうか。

と、この辺りになってくると、そういう時はちょっと・・・、という方も増えてくるのではないでしょうか。

もし、上に挙げたようなときでも、つまりどんな時、どんな状況、どこでも、いつでも、オスワリと言えば必ずすぐに犬がオスワリをする、という方は、しっかりと犬との主従関係と信頼関係が出来ている、つまりしつけがしっかりと出来ている、ということになります。

したがって、犬の問題行動で困る、ということがまずない、という理想的な飼い主さんですね。

逆に、フードをあげ時、また犬が落ち着いている時はオスワリするけど、ちょっと興奮している時などは、オスワリと指示してもなかなかオスワリしてくれない、という犬もいるでしょう。この場合はまだ、オスワリがしっかりと出来る、というところまでは出来ていない、ということになります。つまり、まだしつけが不十分、犬との主従関係と信頼関係が十分に出来ていない、ということになるのです。


▼ペット・トライアングルお勧め!フードを一切使用しないお勧めの犬のしつけ教材⇒「森田誠の愛犬と豊かに暮らすためのしつけ法」
▼最初だけはフードを使っても、という方には⇒「イヌバーシティ」
▼噛み癖でお困りの方には⇒「噛み犬のしつけに重点的に取り組んできたカリスマトレーナーのしつけ法」
amazonの売れ筋ランキング
犬用品ドッグフードトイレシートお出かけ用品

フードをあげる時に犬が先にオスワリして待っている、これは必ずしも良いとは限らない

フードをあげる時だけはオスワリをする、というような犬の中には、オスワリ、と指示をしなくてもオスワリして待っている犬もいると思います。

そんな犬を見て、飼い主さんは、「うちの犬は指示しなくてもオスワリしてする、とても頭のいい犬」と思っている方もいるかもしれませんね。

確かにそういう犬もいるでしょう。飼い主さんの意図を察して、飼い主さんに指示される前に行動しようという犬も。

でも、多くの場合は、オスワリして早くフードをくれ、と言わんばかりのように吠えたり、ムズムズ動いながらフードをせがんでくるのではないでしょうか。

これは、飼い主さんに対して、「早くフードを出せ」と犬が要求している、言い方を変えれば犬が飼い主となる人間に対して、フードを持ってくるように指示している、ということにもなります。

つまり、本来オスワリという指示をだすべき飼い主さんに対して、逆に犬が飼い主さんに対してオスワリをすることによって、フードを持ってくるように指示をしているのです。これは、完全に主従県警が逆転している、ということですね。

これは、フードを使ってオスワリを教えて犬にありがちな状況です。

ペット・トライアングルではフードを使うしつけ方法はしていませんが、フードを使うしつけ方法でも、犬はしつけられると思います。ただし、その場合も、最初はフードを使って犬の行動を誘い、徐々にそれをフードとは切り離して、フードがなくても指示した行動をするようにトレーニングしていくことが必要です。

ドッグトレーナーであれば、これが当たり前、すんなりと出来ると思いますが、一般の飼い主さんの場合、フードでしつけたら、それがほとんど恒久化してしまうことが多いように思います。

そうなると、例えば、このページのテーマであるオスワリ。

オスワリをフードを使って教えて、犬が出来るようになりました。出来るようになっても、オスワリしたらフードをご褒美として与え続け、また本来の食事の時もフードを前にオスワリをさせます。これを繰り返せば、犬はオスワリと指示されたらオスワリする、というよりも、オスワリをすればフードが食べられる、と学習していきます。

したがって、フードの気配を感じると、犬は飼い主さんからオスワリという指示がなくても、オスワリしてフードをねだる、つまりオスワリをすることによって、「早くフードを出せ」という指示を出すようになってしまうのです。

ここで、フードがすぐに出てこないと、気性の荒い犬の場合、早く出せ、と攻撃的な行動になってくる場合もあるのです。

これは、フードを使うしつけ方法では、犬を扱い難くしてしまう、攻撃的な行動をさせるようにしてしまう、ということもある、という例にもなるのです。

もし、フードを使ってしつけをする場合は、早い段階でフードを使わずに、言葉や動作だけの指示で犬がオスワリするようにさせることがとても重要なのです。

それがでいない場合、しつけであるオスワリが、逆に犬が飼い主さんを支持するための道具になってしまうのです。

▼ペット・トライアングルお勧め!フードを一切使用しないお勧めの犬のしつけ教材⇒「森田誠の愛犬と豊かに暮らすためのしつけ法」
▼最初だけはフードを使っても、という方には⇒「イヌバーシティ」
▼噛み癖でお困りの方には⇒「噛み犬のしつけに重点的に取り組んできたカリスマトレーナーのしつけ法」
amazonの売れ筋ランキング
犬用品ドッグフードトイレシートお出かけ用品

いつでも、どこでも、オスワリが出来れば、犬の問題行動で困ることはなくなる

このサイトでは、リーダーウォーク、オスワリ、マテ、オイデ、そしてハウスが、いつでも、どこでも、即座に出来るような犬に育てれば、犬の問題行動で困ることはなくなる、ということをいたるところで書いています。

でも、オスワリだけが完璧に出来る、いつでも、どこでも、どんなに犬が興奮している時でも、飼い主さんがオスワリと指示すれば、犬が即座にオスワリするのであれば、それだけでも犬の問題行動の多くは解決できるでしょう。

例えば、散歩で犬が引っ張ろうとしたときに、オスワリと指示して犬がすぐに立ち止まってオスワリするするのであれば、引っ張りを止めさせることが出来ます。

散歩でほかの犬と出会って、吠えかかっていこうとしても、オスワリと指示してすぐにオスワリすれば、ほかの犬と散歩で出会っても、トラブルを回避できます。

家に帰ってきたときに犬が興奮して飛びついてきたときでも、オスワリと指示して犬がすぐにオスワリを出来るのであれば、犬をすぐに落ち着かせて対応することが出来ます。

つまり、何か犬が問題行動をしそうになったら、すぐにオスワリ、と指示すれば、その問題行動をさせずに止めることが出来るのです。

また、問題行動ではなくても、犬にやってほしくない行動をしそうになった時はすぐにオスワリの指示で、その行動をさせないようにすることが出来るのです。

したがって、いつでも、どこでも、どんな状況であっても、オスワリと指示をすれば、犬が即座に、確実にオスワリが出来るようにすれば、まず犬の問題行動で困るということはなくなるのです。

しかし、現実的にそこまでしっかりとオスワリを教えるには、飼い主さんとその犬との間に、しっかりとした飼い主さんが主となる主従関係と信頼関係が出来ていることが必要となるでしょう。その主従関係と信頼関係を作るのに最も最低なのがリーダーウォークです。

また、オスワリ、マテ、はセットみたいなところもあります。それに呼べばすぐに来るオイデ、家の中ではハウス、これらが、いつでもどこでも出来るようになれば、まず犬との生活で困ることはない、つまり犬と毎日楽しく暮らしていくことが出来るのです。

オスワリなんて・・・、と決して侮れない、とても重要なしつけがオスワリなのです。

だからこそ、オスワリを教えるときも、フードを使って教えるのではなく、ご褒美は飼い主さんから褒めてもらうこと、つまり飼い主さんの愛情をご褒美として、オスワリも教えていくべき、と僕らは考えています。

フードを使ってオスワリを教えた方が簡単な場合もあるかもしれません。フードで教えても、うまくフードから切り離していければいいでしょう。でも、普通の飼い主さんの場合、それがなかなか難しいのです。フードで教えたら、ずーっとフードを使ってしまう、というケースがとても多いので、本来のしつけの目的からは、全く逆の方向に犬が育ってしまう、ということにもなりかねないのです。

オスワリがしっかりと出来るか出来ないかで、犬との生活が楽しいものになるのか、苦労するものになるのか、が左右されかねないのです。

それくらい、オスワリは重要な基本のしつけなのです。

たかがオスワリ、されどオスワリ、それがオスワリなのです。


amazonの売れ筋ランキング
犬用品ドッグフードトイレシートお出かけ用品

★☆★ ペット・トライアングルの一押ししつけDVD

ペット・トライアングルが唯一参考にしたフードを一切使用しない森田さんのしつけ法、犬のしつけに真剣に取り組みたい方に一押しのDVDです!

▼「森田誠の愛犬と豊かに暮らすためのしつけ法」 DVD 2枚セットはこちらからどうぞ

★森田式犬のしつけ方法とは?
▼最初だけはフードを使っても、という方には⇒「イヌバーシティ」
▼噛み癖でお困りの方には⇒「噛み犬のしつけに重点的に取り組んできたカリスマトレーナーのしつけ法」

▼サイトコンテンツ

■■■■■

▼ドッグフード専門の情報サイトドッグフード・インフォ Dogfood-Info

■愛犬の健康のために、まずはお試し価格でどうぞ!

■ペットの臭いが気になる方も、まずはお試し価格で!