柴犬、縄文時代から飼育される純日本犬種

柴犬に似た犬の骨が、縄文時代の遺跡からは靴されことから、柴犬は、縄文時代から、日本で人間と一緒に暮らしていた犬種だということが、言われています。

本当かどうかは、わかりませんが、少なくとも、かなり古い時代から、日本で、日本人と一緒に暮らしてきた犬種であることは、間違いないようです。

柴犬は、1936年には、天然記念物にも指定された犬種でもあります。

日本犬には、他にも、紀州犬や秋田犬などいくつかの種類がいますが、日本犬に共通するのは、飼い主さんに極めて従順であること、ただし、それ以外の人には、警戒心が強く、攻撃性が強い犬もいることです。

柴犬も、基本的にはこの性格を持った犬種です。ただし、小型であることから、一般家庭には日本犬の中でももっとも人気があり、現在は番犬というよりも、愛玩犬と同じような扱いで飼われることが多い犬種です。

海外でも柴犬の人気が高くなってきているようですが、やはり日本での人気は特別なようです。


ペット・トライアングルの一押ししつけDVD
▼「森田誠の愛犬と豊かに暮らすためのしつけ法」
★森田式犬のしつけ方法とは?

柴犬はご主人一筋、この思いはどんなワンちゃんにも負けません。

柴犬の性格的な特徴は、なんといっても、ご主人に、極めて忠実であること。柴犬のこの思いは、現在たくさんいる、いわゆる洋犬とは全く比較にならないくらい強く、柴犬のこの思いから生まれた美談は、日本でもたくさんあるかとおもいます。

ただし、この思いは、逆にご主人以外の人に対する、強い警戒心としても現れています。

誰にでも、ついていくということはまずなく、そっけない態度をとることが多いかもしれません。

飼い主さんにとっては、こういった柴犬の性格が、とても、いとおしく感じさせてくれるのでしょうね。

このような日本犬独特の性格が、現在の洋犬ブームの中でも、根強い人気を持つ理由のひとつかもしれません。

ただし、逆に、それが、最近のペットブームに乗じた、柴犬のにわかブリーダーをたくさん生み出しています。

そして、そういったにわかブリーダーは本来の柴犬の良き性格を継承させよう、ということなど全く考えずに乱繁殖することもあり、柴犬本来のご主人に従順な性格よりも、他人に対する攻撃性だけが助長されてしまった柴犬が多くなっているのも残念ですが事実です。

攻撃的、やたらと無駄吠えをする、そして人を噛んで問題になるような柴犬も多いようです。そして、柴犬の場合、一度そうなってしまうと、洋犬のように修正が聞きにくいのも問題のひとつです。

したがって、柴犬のご購入をご検討される場合には、どんなブリーダーさんのところで繁殖されたかが、とても重要になってくるとともに、成長期にいかにしつけていくかが重要となります。

もちろん、柴犬とひとくちにいっても、その性格はやはりいろいろです。

基本的な柴犬の性格にも、個々の犬によって強弱があります。

ほとんどしつけをしなくても、まったく問題なく人間と生活する子もいます。また性格的に問題がある場合でも、極端でなければ、成長期のしつけでそれを抑えていくことは十分に可能です。

柴犬の場合、一度咬むようになってしまうと、それを直すのはかなり難しく、したがって、子犬の時から甘噛みは絶対にさせないようにして、人間に対する服従心を養っていくことが大切なのです。

ではそのそば犬の性格について、もう少し詳しく見てみましょうか。

柴犬の性格

柴犬と言えば、今や日本のみならず、海外でも人気上昇中の日本犬の代表と言ってもよいかもしれません。

そして、柴犬と言えば、やはり日本犬、日本犬の最大の特徴である、飼い主には極めて従順、でも、それ以外の人には懐きにくい、という特徴を備えた犬種です。

今や、この日本犬の性格の特徴は多くの人が知っていると思いますが、飼うに際しては、再度、しっかりと頭に入れておく必要があるでしょう。

そして、この柴犬の性格が、飼い主さんにとっては最大の魅力でもあり、同時に問題行動の種ともなるのです。

そして、従順とは言っても、飼い主さんが主の立場であれば、比較的問題行動の対処もしやすくなりますが、柴犬が主になっていると、それも難しくなります。

自分がリーダーと認識した柴犬は、自分の家族である飼い主さんを守るために、他の人や犬に対して、より攻撃的な行動を起こしやすくなるのです。

そしてそれは、柴犬に多い、噛むという問題行動に繋がりかねません。

柴犬の場合、一度噛み癖がつくと、他の犬種に比べて、その修正はとても難しいものになります。参考までに、噛むということに対して、もっとも気を付けなければいけない犬種は、柴犬とコーギーなんです。この2犬種は一度噛み癖がついたら、その修正は、訓練士でも非常に難しいと言われている犬種なのです。

ということを柴犬を飼う方は、柴犬の特徴、性格として頭の片隅にでも必ず入れておいてください。

そして、もちろん、柴犬のすべてが攻撃的なわけではなく、そうではない柴犬の方がたくさんいます。

特に最近は、日本犬での人気NO.1であるとともに、他の愛玩犬とも肩を並べるくらいの人気犬種です。

以前のように番犬目的で飼われることは、最近は極めて少なくなり、愛玩犬のひとつとして選ばれる犬種です。ブリーダーも、そういったことを考慮して、交配に使う柴犬の性格も選んでいるところもあるでしょう。

ただし、逆に人気犬種だからこその宿命で、乱繁殖というケースもあります。その場合、やはり元々気性の荒い柴犬が生まれてくる可能性が高くなります。前述の通り、柴犬はどこから迎えるかが重要な犬種なのです。

実際に、ペット・トライアングルのラブドッグ店にも、たくさんんの柴犬がきます。上記に書いた柴犬の性格を感じさせながらも、やはりいろいろな性格の柴犬がいます。

では実際にお店に来る柴犬にはどんな性格の犬がいるか、ということをご紹介してみたいと思います。

お店に来る柴犬たちの性格

柴犬の性格の特徴である、飼い主には従順で、他の人には懐きにくい、確かにそう感じさせる柴犬が多いことは事実です。

ペット・トライアングルのラブドッグ店に来る柴犬たちにも、それは感じます。シャンプーでも、ペットホテルでも、お預かりしていて、飼い主さんが迎えに来た時の態度は、本当に飼い主さん大好き、飼い主さん一筋、という感じです。

もちろん、他の犬種もそうですが、柴犬の場合は、お店の中でも、比較的私たちに対しては、1線を引いて接している感があるので、よけいにそう感じさせるのです。

柴犬の場合、自ら私たちに近づいて来たり、遊んでほしいというように飛びついて来たり、ましてやべったりしたりという犬はいません。

例えば、トイプードルなんかだと、初めてでも、尻尾を振りながら私たちに愛そうよく接してくる子も多いのですが、柴犬の場合は、そういうことはありません。

といって、攻撃的かというとほとんどの柴犬はそういうこともありません。特に人に対しては、積極的には近づいてきませんが、完全に拒絶するわけでもなく、触っても嫌がらない子が多いと思います。

ただ、これも柴犬の性格でしょうか、他の犬には噛むことはしなくても、吠えたり、威嚇する柴犬も見られます。

そして、少ないですが、やはりとても触れない、という柴犬もまれにいます。飼い主さんしか触れない、という柴犬です。

そういう犬も含めて、これが柴犬の性格なのでしょう。柴犬は、他の日本犬と同様、いわゆる洋犬に比べると犬種としての性格の特徴が感じやすい犬種なのです。

家庭犬トレーニングでも、何頭かの柴犬をトレーニングしましたが、トレーニングに際しては、みんな性格的にもとても素直な感じで、すぐにリーダーウォークもできるようになり、スワレ、マテ、フセ、ハウスもすぐに覚えてくれます。

特に子犬は、覚えも早く、トレーニングのしやすい犬種です。

少し成長した柴犬もトレーニングできます。しかし、子犬に比べると最初はいやいや感が伝わってきます。しかし、トレーニングする上で大きな障害にはなるほどではありません。

柴犬はできれば、子犬の時からしっかりとしたトレーニングをした方が、柴犬の性格を良い方向に育てやすいと思います。

特に噛むという方向には絶対に持っていきたくない犬種なので、子犬の時の甘噛みは、絶対にすぐにやめさせることが必要な犬種です。

噛み癖がついた柴犬は、家庭犬トレーニングはできません。できるようになるとしても、かなりの時間がかかります。できるようにならない可能性も多分にあります。

そこさえ気を付ければ、柴犬の性格は、飼い主さんにとっては、その日本犬らしい凛々しい容姿とともに、他の犬種では味わえない、愛おしさを感じさせてくれる犬種なのかもしれません。

柴犬を飼う場合は、子犬の時からしっかりとした飼い方・しつけ方で、柴犬の性格の良い面を引き出し、悪い面は出させないようにしてくださいね。

▼柴犬メニュー

▼犬種の特徴-紹介犬種一覧のページへ

★☆★ ペット・トライアングルの一押ししつけDVD
ペット・トライアングルが唯一参考にしたフードを一切使用しない森田さんのしつけ法、犬のしつけに真剣に取り組みたい方に一押しのDVDです!

▼「森田誠の愛犬と豊かに暮らすためのしつけ法」 DVD 2枚セットはこちらからどうぞ

★森田式犬のしつけ方法とは?

▼サイトコンテンツ

dogfood-info11ペット・トライアングルのドッグフードカテゴリーを「ドッグフード・インフォ」という新しいサイトに独立させました。現実的なドッグフードの選択のお役に立つサイトにしていきます。ぜひ一度ご覧下さい。

▼ドッグフード専門の情報サイトドッグフード・インフォ Dogfood-Info

■愛犬の健康のために、まずはお試し価格でどうぞ!

■ペットの臭いが気になる方も、まずはお試し価格で!