プードルの小型化

プードルが貴族たちの人気となり始めたのが、時期的には16世紀ごろといわれています。

その貴族人気から、より優雅さを求めてカットも追及されるようになり、かつ小型化されていくようになってきました。

まず、ミニチュアプードルが生まれ、トイプードルは18世紀のルイ16世の時代に作出されたと言われています。

そして、19世紀、ナポレオンの時代には、たくさんの宝石で装飾された首輪を付けたトイプードルが、抱き犬としてもてはやされたそうです。

ただし、今のところ、どのようにプードルが小型化されてきたのか、というところまではたどり着くことが出来ません。

当時のフランスで、プードルのブリーディングに熱心なブリーダーが小型化への改良を進めてきたようです。

現在日本でも柴犬からより小型の豆芝を犬種として固定させようとしていますが、それと同じようなものなのかな、と思います。豆芝の場合も、小型の柴犬同士での交配を進めて、生まれてくる柴犬を小型に固定しようとしていますが、同じような考え方で改良を進めたのでしょうか。

ただ、現在のスタンダードプードルとトイプードル、特にいわゆるティーカップサイズと言われるようなトイプードルでは、その大きさがあまりにも違うので、どうしたら、スタンダードプードル大きさから、ティーカップサイズに出来るのだろうと考えてしまいます。

さて、愛玩犬としてフランスで小型化されていきた歴史を持ち、今や世界中で人気の愛玩犬となったトイプードルですが、もともとのプードルは、実用的な使役犬としても活躍していたようです。

次のページでは、トイプードルの愛玩犬とは違う面について歴史的なことも含めて、ご紹介していきたいと思います。

前のページ 原産国はフランス?

次のページ 愛玩犬とは一味違う、その能力


▼トイプードルの歴史

  1. トイプードルの歴史について
  2. その歴史は紀元前から?
  3. 祖先はどんな犬?
  4. 原産国はフランス?
  5. プードルの小型化
  6. 単なる愛玩犬とは一味違う、その能力
  7. トイプードルにも絶滅の危機があった?
  8. トイプードルはまだまだ進化(?)します

★ペット・トライアングルが唯一参考にしたフードを一切使用しない森田さんのしつけ法、犬のしつけに真剣に取り組みたい方に一押しのDVDです!

「森田誠の愛犬と豊かに暮らすためのしつけ法」 DVD 2枚セット


amazonの売れ筋ランキング
犬用品ドッグフードトイレシートお出かけ用品

▼トイプードル メニュー

▼サイトコンテンツ

■■■■■

▼ドッグフード専門の情報サイトドッグフード・インフォ Dogfood-Info

■愛犬の健康のために、まずはお試し価格でどうぞ!

■ペットの臭いが気になる方も、まずはお試し価格で!