トイプードルのサイズのトラブル


ペットショップで買うときは、小ぶりのトイプードルだと言われたのに、成長したら言われていたよりもはるかに大きくなってしまった、というケースです。

飼ってしまえば犬の大きさはそれほど大きな問題ではないとは思うのですが、こういったクレームはけっこうあるようです。

もちろん、小さなトイプードルが欲しかったのに、という気持ちもわかるので、こういったクレームに成るのはしかたのないことかもしれませんが・・・。

つまり前のページでご紹介したうちで生まれた子犬たちのように、スタンダードサイズのプードルから改良を重ねて作られてきたトイプードルは、生まれてきた子犬が、絶対に親と同じサイズまでしか成長しない、ということはいえないのが現実と言うことです。

したがって、子犬を販売する側は、成長すると大きくなることもあり得ることをしっかりと伝え、子犬を買うお客様も、大きく成長する可能性もあると言うことを認識した上で、子犬を迎えてあげることが必要かと思います。

したがって、確実に小さいトイプードルを入手する一番の方法は、生後1年以上してすでに成犬となっている小さいトイプードルを入手すること、ということになってしまうのです。

ただし、もちろん、小さい親からは、小さい子犬が生まれる確立は高くなると思います。また、何代かの犬が全て小型の犬が続いていれば、よりその確立は高くなるでしょう。

したがって、そのような血統の犬を探せば、成長しても大きくならないトイプードルを迎えられる可能性は高くなるでしょう。

それでも、絶対とは言い切れないでしょうけど。

小さいトイプードルと言えば、ティーカッププードルというのが人気ですが・・・。

前のページ 元はスタンダードサイズ

次のページ ティーカッププードルについて


▼トイプードルのサイズ(大きさ)

  1. サイズ(大きさ)について
  2. プードルのサイズの規定について
  3. 登録はみんな”トイプードル”?
  4. 元はスタンダードサイズ
  5. サイズ(大きさ)のトラブル
  6. ティーカッププードルについて

★ペット・トライアングルが唯一参考にしたフードを一切使用しない森田さんのしつけ法、犬のしつけに真剣に取り組みたい方に一押しのDVDです!

「森田誠の愛犬と豊かに暮らすためのしつけ法」 DVD 2枚セット


amazonの売れ筋ランキング
犬用品ドッグフードトイレシートお出かけ用品

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★


▼トイプードル メニュー

▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼

☆ペット・トライアングルのコンテンツメニュー☆

▼犬と飼い主さんのためのコンテンツ

▼犬のしつけは誰でもできる!

▼市販の犬のしつけ教材

▼犬を勉強しよう!

▼良い物を安く便利に!

▼子犬のブリーダー直譲販売


【PR】
ペット保険・動物保険はアイペット手頃な保険料の手術のペット保険「うちの子ライト」