散歩だけが犬のストレス解消方法ではない

雨の日でも、散歩は行ってあげないと犬にストレスが溜まっちゃう、という思いから、梅雨時の雨の日でも毎日犬の散歩に行っている方もいらっしゃるかもしれませんね。

トイレを散歩でしか出来ない犬は、雨の日でも散歩はかかせないかもしれまさんが、室内でトイレができる犬でも、このようにに散歩に行かないと犬にストレスが溜まると思って、雨でも散歩に行く方もいるようです。

もしかしたら、そういう犬もいるかもしれません。でも、雨の日の散歩は先日書いた「梅雨、雨の日の犬の散歩は肉球にご注意!」のような足の裏、肉球などへの危険性があるだけでなく、体が濡れることによって、犬にとってはデメリットも少なくありません。

やはり、雨の日は犬のためにも散歩へは行かないようにすることをお勧めします。

そして、犬のストレスは散歩だけで解消できるというわけではありません。むしろ、犬が勝手に歩きながら匂いを嗅いだり、マーキングをしたり、と言う散歩では、十分なストレス解消にはならないでしょう。

犬にとっての最も効果的なストレス解消法は、大好きな飼い主さんとの触れ合い、コミュニケーションです。

そういう散歩、つまり犬が常に飼い主さんを意識して、飼い主さんもそれに応えてあげるような散歩であれば、散歩も十分なストレス解消の時間になるでしょう。

でも、犬との触れ合い、コミュニケーションの時間は、散歩に行かなくても、家の中でも十分に作ることは出来ます。

そのひとつが室内でのハウストレーニングです。

トレーニングというと堅苦しい印象を持たれてしまうかもしれませんが、これはあくまでも人間側からの言い方です。

飼い主さんが犬に指示を出す、犬がそれに従う、この繰り返しがトレーニングですが、犬から見れば、大好きな飼い主さんが自分のためにスキンシップをしながら相手をしてくれる、いわば最も楽しい遊びの時間となるでしょう。

それこそが、犬にとっての有効なストレス解消の時間となるのです。


◆ペット・トライアングルお勧め!
▼フードを一切使わない最強しつけ法⇒「森田誠の愛犬と豊かに暮らすためのしつけ法」
▼最初だけはフードを使っても、という方には⇒「イヌバーシティ」
▼噛み癖でお困りの方には⇒「噛み犬のしつけに重点的に取り組んできたカリスマトレーナーのしつけ法」
amazonの売れ筋ランキング
犬用品ドッグフードトイレシートお出かけ用品

オスワリやマテを入れながらハウスをさせて、またオイデと呼んで

ハウストレーニングと言っても、ただハウスをさせるだけではありません。

外でのリーダーウォークトレーニングでリーダーウォークをさせながら、オスワリ、マテをさせるのと同じで、ハウス、オイデを繰り返しながら、オスワリやマテをさせる、というトレーニングです。

これはハウスやオスワリ、マテが出来ない犬の場合は、本来の意味で教えていかなければいけませんが、ここでは、ハウス、オスワリ、マテ、オイデ、がすでに出来るようになっている犬を想定しています。

やり方は簡単です。まずは犬のハウス(クレート)を適当な場所に置きます。もともとのハウスの場所にある程度スペースがあれば、そのままでもOKです。

そのハウスを使って、例えば次のように行います。

  1. 犬をオスワリさせてマテをかけておく。
  2. ハウスの指示で犬をハウスに入れて、少し待たせる。
  3. 飼い主さんは適当な位置に立って、オイデの指示で犬を呼びます。
  4. 犬がハウスから出て近づいてきたらオスワリの指示で座らせ、マテをかけます。
  5. マテをかけた状態で飼い主さんが少し移動します。
  6. この時、移動中も犬がマテの状態をキープするようにさせます。
  7. 移動したら、またオイデ、と言って犬を呼び近づいてきたら再度オスワリをさせてマテをかけます。
  8. 少しマテをキープさせたら、飼い主さんはしゃがんで犬を呼びます。
  9. 犬が近づいてきたら、犬を抱くように迎えてあげます。
  10. 「よく出来たね」という気持ちを込めて優しく声をかけながら犬の体を撫で続けて犬を褒めてあげます。

ポイントは、一つ一つの指示を確実に実行させることと、出来た後にはしっかりとしたスキンシップで犬を十分に褒めてあげることです。

ただし、褒めるときにはフードなどをご褒美にすることは絶対にしないでください。フードを使ってしまうと、犬の意識は飼い主さんではなく、フードに行ってしまいかねませんからね。

出来た時のご褒美は、飼い主さんの愛情とスキンシップだけです。そして、それがとても重要なのです。

このスキンシップによる犬へのご褒美は何か指示した後、1回ごとに行っても構いません。また、何回か繰り返した後に、待ってましたとばかりに行うのも効果的だと思います。

これを飼い主さんの位置を変えながら、オイデ、オスワリ、マテ、それにハウスを加えながら、繰り返し行います。フセが出来る用であれば、フセも入れるとバリエーションが増えますね。

時間としては20~30分程度で、十分です。

それでも、室内とは言え、けっこうな運動量になるでしょう。

実際にこれに似たトレーニングを行っている動画を参考までに掲載しておきます。

この動画は、リーダーウォークトレーニングを初めて4日目が雨だったので行ったものです。

従って、少し気ごちない動きもあります。

すでにしつけが出来ている犬が飼い主さんと行えば、もっとスムーズにできるでしょう。

◆ペット・トライアングルお勧め!
▼フードを一切使わない最強しつけ法⇒「森田誠の愛犬と豊かに暮らすためのしつけ法」
▼最初だけはフードを使っても、という方には⇒「イヌバーシティ」
▼噛み癖でお困りの方には⇒「噛み犬のしつけに重点的に取り組んできたカリスマトレーナーのしつけ法」
amazonの売れ筋ランキング
犬用品ドッグフードトイレシートお出かけ用品

ハウストレーニングで「かくれんぼ」も

このハウストレーニングが出来る犬であれば、少しアレンジして「かくれんぼ」も出来ます。

犬をハウスでクレートに入れた後に、飼い主さんが、犬がハウスから出ても見えないようなところに隠れてオイデと呼びます。

犬が飼い主さんを見つけて近づいてきたら、見つけたご褒美として、そのまま抱き寄せてスキンシップで迎えてあげてもいいでしょう。

そして、そのままハウスの指示を出して、ハウスが出来るようであれば、オスワリ、マテをさせて、その位置から見えないハウスへハウスの指示で入れるようにします。

もし、それが難しいようであれば、飼い主さんがハウスのある方へ犬を従えた歩いて、ハウスが見えるところでオスワリ、マテをさせて、ハウスの指示でハウスに入れます。

犬がハウスに入ったら、また飼い主さんは違うところへ隠れて、また犬をオイデ、と呼びます。

また、犬が見つけてスキンシップした後に、その場でオスワリ、マテをさせてハウスはさせずに、その位置でマテをさせたまま、違うところに隠れてまた犬をオイデ、と呼ぶ、というような形もいいでしょう。

こんな感じで、犬とかくれんぼするのも、けっこう楽しいですよ。

オスワリやマテ、ハウスが出来ない犬は、それぞれを行いながら、このようにトレーニングをしていってもいいと思います。

オスワリ、マテ、ハウス、オイデ、そしてリーダーウォークが出来ていれば、こんなトレーニング=遊びも出来ると同時に、室内で犬をコントロールすることが出来るのです。

ハウストレーニングの後は言うと一緒にティータイム

こんな感じで雨の日を過ごすのも、犬にとっては散歩以上に楽しい、ストレス解消の時間になるんですよ。

これは雨の日だけでなく、雨が降っていなくても、たまに行うといいと思います。

これは室内とは言え、けっこうな運動量となるので、この後は愛犬と一緒に、おやつの時間、ティータイムとしてもいいでしょうね。

ご褒美としてのおやつは厳禁ですが、ティータイムとしてのおやつは問題ありません。

飼い主さんはお茶でも飲みながら、愛犬にも水分を十分とらせて愛犬用のおやつなどがあればそれを与えてもいいし、いつも食べているフードを少々与えてもいいでしょう。

そして愛犬を横に座らせて、あるいは抱っこしながらテレビでも見れば、雨の日も、愛犬と楽しく過ごせるのではないでしょうか。

雨の中を無理して散歩に行くよりは、飼い主さんにとってもそして何よりも愛犬にとって、健康的だし、楽しいひと時になるのではないでしょうか。


amazonの売れ筋ランキング
犬用品ドッグフードトイレシートお出かけ用品

★☆★ ペット・トライアングルお勧めしつけDVD

ペット・トライアングルが唯一参考にしたフードを一切使用しない森田さんのしつけ法、犬のしつけに真剣に取り組みたい方に一押しのDVDです!

▼「森田誠の愛犬と豊かに暮らすためのしつけ法」 DVD 2枚セットはこちらからどうぞ

★森田式犬のしつけ方法とは?
▼最初だけはフードを使っても、という方には⇒「イヌバーシティ」
▼噛み癖でお困りの方には⇒「噛み犬のしつけに重点的に取り組んできたカリスマトレーナーのしつけ法」

▼サイトコンテンツ

■■■■■

▼ドッグフード専門の情報サイトドッグフード・インフォ Dogfood-Info

■愛犬の健康のために、まずはお試し価格でどうぞ!

■ペットの臭いが気になる方も、まずはお試し価格で!