犬の首輪とリード

犬の首輪とリードは消耗品

初めに結論から言っておくと、犬の首輪とリードは消耗品です。

首輪もリードも年月とともに劣化してきます。

それが原因で、破損してお散歩中に愛犬が逸走、なんてことだってあり得ます。

もちろん、呼び戻しができるようなしつけがしっかりと出来ている、リーダーウォークが出来ている犬であれば、そんなことがあっても大丈夫ですけどね。

でも一般的にそんな犬は少数派だと思うので。

首輪もリードも、しっかりとした皮で出来ているものは、比較的持つかもしれません。むしろ、使い込むことで味が出てくるものもあるでしょう。

でもそれは、しっかりと手入れをしていれば、という話です。

首輪もリードも、今はいろいろな種類、柄のものが売っています。

でも、基本的にはどれも消耗品と考えてよいと思います。

バックル式の犬の首輪に注意

犬の首輪で最近多いのが、止めるところがプラスティックのバックルになっているものです。

一度調整すれば、付けやすく、外しやすい、というメリットはあると思います。

でも、このプラスティックのバックルのところがけっこう破損しやすいのです。

小さな小型の愛玩犬であれば、そう多くはないと思いますが、中型犬以上の力の強い犬の場合、勢いよく引っ張られると、このプラスティックのバックルの部分が結構簡単に割れて破損してしまうのです。

当然、首輪は犬から外れ、犬が逸走してしまう、ということになってしまいます。

またバックルと布とのつなぎ目もけっこう破損しやすい部分です。

こういった首輪を使っている飼い主さんは、まめに首輪に壊れそうなところがないかどうかを、点検しておいた方がいいと思います。

リードも同様です。

特に、首輪につなぐナスカンの部分とリードのひもの結合部に注意です。

また、犬によっては、よく散歩中にリードを噛む犬もいます。

こういった場合は、特にリードにダメージを受けやすいので、注意が必要です。

基本的に首輪は犬が常時身に着けているもの、リードは毎日の散歩で使うもの、というように、日常的に使うものなので、それだけ劣化も激しくなる場合もあるのです。

犬の首輪とリードは、何個か持って、犬のファッションとしても良いのでは

犬の首輪は、柄によってはその犬の府に気も変えることが出来ます。

リードもそうです。

首輪もリードも、犬にとっては、ファッションとして楽しんでも良いのではないでしょうか。

首輪は毎日変える、というのは大変かもしれませんが、リードは、その日によって、変えても良いのではないでしょうか。

また首輪だって、ある程度定期的に変えていっても良いのではないでしょうか。

汚れたり、ボロボロになったりしている首輪を付けていたり、リードだと、犬自体が貧相に見えてしまうこともあります。

愛犬を少しでもかっこよく、可愛く見せるためにも、常に綺麗な首輪とリードを付けてあげたいですね。

愛犬の首輪とリード、これは消耗品という認識を飼い主さんはもってもらい、常に点検して、綺麗にしてあげましょう。

▼Amazonで「犬 首輪」で検索すると

▼Amazonで「犬 リード」で検索すると




▼ドッグトレーナーが選んだ目的別犬のしつけ教材ベスト3!

  1. しつけだけではない、犬を飼うに際して必要なことなど、全ての犬の飼い主さんに見てほしい⇒「イヌバーシティ」
  2. 早く確実にしつけをしたい方には、「ダメ犬しつけ王選手権全種目1位」の⇒「森田誠の愛犬と豊かに暮らすためのしつけ法」
  3. 愛犬の、「噛む」、「うなる」、「吠える」、でお困りの方には⇒噛み犬のしつけに重点的に取り組んできたカリスマトレーナーのしつけ法

amazonの売れ筋ランキング
犬用品ドッグフードトイレシートお出かけ用品

[PR]☆ワンちゃんがとけちゃうドッグマッサージ最新副業支援ツールtop10

▼サイトコンテンツ

▼ペットの臭いが気になる方へ