老犬との生活

犬の寿命も長くなり・・・

犬の寿命もここ数年で急激に伸びてきました。それにともない、愛犬が老犬と言われる年齢になってくる飼い主さんも増えてきました。このページは、そんな老犬との生活のための「老犬介護」と「老犬のための本や介助用品」などをご紹介するページへのメニューページです。

犬も、年を取ってくると、今まで出来たことが出来なくなったり、寝たきりになってしまうこともあります。そんな時にどのように世話をしてあげるか、それが老犬介護です。

ペット・トライアングルでは実店舗のLOVEDOG店で老犬介護も行っています。

そこで、ペット・トライアングルのサイトでは、老犬介護とは、またそれを行う老犬介護士とはどんな仕事、どんなことを行うのか?また、老犬になった時のことを考えて、子犬の時からできること、成犬の時にできることなどをご紹介しています。

長生きになったとはいえ、犬の寿命は長くても15~20年です。ほとんどの飼い主さんは、たとえ子犬の時に飼い始めたとしても、犬の寿命が飼い主さんよりも早く来てしまうことが多いでしょう。

その時に、老いた愛犬が少しでも楽に暮らせるように、そして飼い主さん自身が無理なく世話を出来るように、ペット・トライアングルの老犬介護のページが少しでもお役に立てればと思っています。

最近は、老犬のための介助用品も充実してきました。それらを便利に安く購入できるamazonからそういった商品のご紹介もしています。

以下のページでは老犬介護に関してのご説明をしています。ご興味ある方は、ご覧になってみてください。

老犬介護

  • 老犬介護 Part1

    • 老犬介護とは
    • 老犬介護のスタイル
    • 老犬介護士とは
    • 今なぜ老犬介護?
  • 老犬介護 Part2

    • 主役は飼い主さん!
    • 老犬のためにできること
    • 飼い主さんのためにできること
    • 社会のためにできること
  • 老犬介護 Part3

    • いつから老犬?
    • 子犬の時にできること
    • 成犬の時にできること
    • 高齢期初期にできること

老犬介護の知識や道具は、老犬だけでなく、老犬の世話をする飼い主さんも楽にしてくれます。

ワンちゃんがとけちゃうドッグマッサージ

▼ドッグトレーナーが選んだ目的別犬のしつけ教材ベスト3!

  1. しつけだけではない、犬を飼うに際して必要なことなど、全ての犬の飼い主さんに見てほしい⇒「イヌバーシティ」
  2. 早く確実にしつけをしたい方には、「ダメ犬しつけ王選手権全種目1位」の⇒「森田誠の愛犬と豊かに暮らすためのしつけ法」
  3. 愛犬の、「噛む」、「うなる」、「吠える」、でお困りの方には⇒噛み犬のしつけに重点的に取り組んできたカリスマトレーナーのしつけ法

手頃な保険料の手術のペット保険「うちの子ライト」 ペット保険・動物保険はアイペット

amazonの売れ筋ランキング
犬用品ドッグフードトイレシートお出かけ用品

[PR]☆ワンちゃんがとけちゃうドッグマッサージ最新副業支援ツールtop10

▼サイトコンテンツ

▼ペットの臭いが気になる方へ