ドーベルマンの躾け方

ドーベルマンだからと言って、特別なしつけ方はありません。ただし…

ドーベルマンのしつけ方も、特別なことは全く必要ありません。普通の犬と全く同じです。

基本となるのは、リーダーウォークトレーニング、つまり犬が勝手に歩かずに、人について歩くことです。それが出来た、スワレ、マテ、そしてオイデを教えながら、リーダーウォークトレーニングに加えていきます。

これがいつでも、どこでも確実に出来れば、日常生活で困ることはまずないでしょう。これは、ドーベルマンに限らず、犬のしつけ方の基本となります。

ただし、例えば、家の前でできるようになっても、公園では出来ないかもしれません。また昼間はできても、車のヘッドライトが気になる夜はできないかもしれません。

どこでも、そしていつでも、リーダーウォークができるように、出来ないところでは、徹底的にトレーニングを行い、出来ない場所と時間をつぶしていきます。

トレーニングとはいえ、ドーベルマンの場合、より注意が必要です。

ドーベルマンの場合、一般的なイメージは怖い犬です。例え人懐っこいドーベルマンでも、周りの人はそうは見てくれません。だから、ドーベルマンは甘えるつもりで人に近づいても、「襲われる」と感じる人がいます。ドーベルマンは舐めるつもりで口を近づけ、口が触っただけでも、ドーベルマンだというだけで、噛まれた、と思う人もいるかもしれません。

したがって、周りに人がいるところでのトレーニングは、そういった誤解を招かないように、念には念を入れて、周りの人に対する注意をする必要があります。

このあたりは、愛玩犬のトレーニングではほとんど必要ない、大型犬、特にドーベルマンの場合には必要なことです。

逆に、そういうところで、しっかりと飼い主さんの指示に従って動くドーベルマンを見れば、周りの人の、ドーベルマンを見る目も、好意的なものになっていくかもしれません。

ドーベルマンは基本的に訓練性がとても良いので、しつけ自体は、難しいものではありません。ただし、特に生後半年~1年ぐらいは、体は大きくなっていくけど頭は小学生みたいなもので、とてもやんちゃな時期です。

同時に、その頭もどんどん成長してくるので、一度できた主従関係も頭と体の成長とともに、どこかでその関係をひっくり返してやろうという本能が出てくる場合もあります。

だから、リーダーウォークトレーニングなどができるようになっても、気を抜かず、心身ともに大人になる生後3年ぐらいまでは、毎日がトレーニングという気持ちで接することが必要です。

飼い主さんはトレーニングの気持ちで接しても、ドーベルマンにとっては、そのトレーニングの時間は、飼い主さんと一緒にコミュニケーションをたくさん取れるストレス解消の時間です。ドーベルマンにとっては、とても楽しい時間でもあるのです。

したがって、飼い主さんも、そんなにトレーニングを続けなければいけないのか、というよりも、毎日のトレーニングはドーベルマンと過ごす楽しい時間と思って、ドーベルマンと接してもらえば、毎日のトレーニングがとても楽しくなるでしょう。

下の動画は、生後6か月すぎににブリーダーさんのところから引き取り、トレーニングを少しずつ入れてきたドーベルマンの子犬で、撮影時は7か月ぐらいになったところで、トレーニングを2週間ほど行っています。(2005年頃の動画なので少し見にくいですがご了承を)

うちに来た当初は、とてもやんちゃでしたが、この時点では、リーダーウォークはほぼ問題なくできるようになっています。

スワレの反応はまだ今一つのところがあり、またマテはほぼできるのですが、動画の通り、オイデで、撮影している家内の方に行ってしまったりもします。

でも、ほぼ問題なくトレーニングは進捗して、また動画をご覧になってわかる通り、ドーベルマン自身も楽しそうにしています。

また、生後5か月のドーベルマンの女の子のトレーニング前と後の動画をご紹介しているページも作成しました。

ドーベルマン生後5か月女の子のトレーニング前後の動画

ドーベルマン生後5か月の躾けトレーニング前後の動画です。

▼トレーニング前の散歩

▼トレーニング3日目

▼トレーニング6日目

犬のしつけ、トレーニングは、犬にとっては飼い主さんがたくさんコミュニケーションを取ってくれる楽しい時間ということを意識して、トレーニングをする人間も、楽しみながら行いましょう。

このように、ドーベルマンのしつけ方は、普通の犬と全く変わらないのです。

ただし、最後にもう一度繰り返します。

ドーベルマンはその存在だけで周りの人は怖がるということも多いので、しつけ方というよりも、しつけトレーニングを行う際は、周りの人から悪く誤解されないように、ということには十分に注意をしてください。

▼ドーベルマンメニュー




▼ドッグトレーナーが選んだ目的別犬のしつけ教材ベスト3!

  1. しつけだけではない、犬を飼うに際して必要なことなど、全ての犬の飼い主さんに見てほしい⇒「イヌバーシティ」
  2. 早く確実にしつけをしたい方には、「ダメ犬しつけ王選手権全種目1位」の⇒「森田誠の愛犬と豊かに暮らすためのしつけ法」
  3. 愛犬の、「噛む」、「うなる」、「吠える」、でお困りの方には⇒噛み犬のしつけに重点的に取り組んできたカリスマトレーナーのしつけ法

amazonの売れ筋ランキング
犬用品ドッグフードトイレシートお出かけ用品

[PR]☆ワンちゃんがとけちゃうドッグマッサージ最新副業支援ツールtop10

▼サイトコンテンツ

▼ペットの臭いが気になる方へ