パピヨン

犬の行動する気持ち、3つのパターン

犬が人間に対して行う行動には、次の3つがあると思います。

  1. 好意的なもの
  2. 攻撃的なもの
  3. そのどちらでもなく人間には関心ないもの

同じ行動でも、同じ行動でも、時と場合によって、また犬によっては、1でもあり、2であることもあり、また3であることもあるかもしれません。

よく、犬のこんな行動は犬が好意を持っていること、こんな行動は攻撃的なもの、というようなことも言われていますが、必ずしもそうだ、とは言えないことも多いのではないでしょうか。

犬のその行動、必ずしも好意を持っているからではありませんよ

例えば、

  • 顔を舐める
  • 甘噛みをしてくる
  • アイコンタクトをする(目を合わせる)
  • 仰向けになってお腹を見せる
  • 体を密着させようとしてくる

これらの行動は、一般的には、好意的だと言われていることが多いと思いますが、必ずしも、そうとは限りません。

犬が顔を舐めてくる

犬が顔を舐めてくれると、何となく、この犬は自分に好意を持っているんだな、と思うかもしれません。

でも、必ずしもそうとは言えないのではないでしょうか。

単純に、顔の臭いが気に入った、とか、最も多いのは、人間の食後に、食べた後の臭いが口の周りに残っているから、というものではないでしょうか。

つまり、好意的だから舐める、というより、なんかいい臭い、おいしそうな匂いがするからその人の顔を舐めている、というだけかもしれません。

つまり、好意的でもなく、もちろん攻撃的でもない、人間そのものというよりも、その臭いに対しての行動、つまり上の3のケース、ということが、けっこうあるように思います。

犬が甘噛みをしてくる

このサイトでは、犬の甘噛みは、本気噛みになる可能性があるから、出来るだけ早く辞めさせた方が良い、ということを再三書いています。

でも、犬の飼い主さんの中には、犬が甘えているだけだから、問題ないだろう、と思っている方もけっこういるのではないでしょうか。

一般的には甘噛みは子犬の時期に多い犬の問題行動の一つです。

甘噛みをする理由としては、歯が抜け代るため、歯のあたりが気になって甘噛みするとも言われています。

また、単に遊びたがって甘噛みをしてくることもあるでしょう。

つまり、人に対して行為があるから、というよりも、犬がこうしたいから、ということがほとんどではないでしょうか。

そして、甘噛みをされると、噛まれた人は痛がって、手を引いたり、嫌がるようなそぶりをしてしまうことがあります。

そうすると、犬は噛むと人は弱腰になると学習してしまうこともあり、それが本気紙になることもあるのです。

甘噛みは、少しでも早く、辞めさせましょう。

アイコンタクトをする(目を合わせる)

犬とのアイコンタクト、これはしつけトレーニングでは、けっこう重要だと言われています。

ただし、アイコンタクトをあえてしない、という犬もいるので、必須ではないと思っています。

とは言っても、アイコンタクトは出来るに越したことはありません。

基本的には、アイコンタクトが取れるということは、犬との信頼関係が出来ている、つまり犬が好意を持っているということが多いと思います。

ただし、視線を合わせるというのは、一般的には動物には避けた方が良いと言われています。

攻撃的だと思われることがあるからです。

犬も、時と場合によっては、そういった本能的に、視線を合わせられることがあります。

その場合は、好意的とは真逆に、好意的な気持ちをもって、視線を合わせている、ということもあるのです。

要するに、相手の行動を注視して、いつでも対応できるようにしているということです。

まぁ、そういう時は、雰囲気でだいたいわかりますけどね。

そういうこともある、ということです。

一般的には、しつけトレーニングがうまく出来てきて、犬との信頼関係が出来てくると、自然に犬がアイコンタクトを取ってくるようになります。

仰向けになってお腹を見せる

たまに、犬が仰向けになってお腹を上にしてくることがあります。

この犬の行動は、一般的には、その人に対しては安全で、信頼しているからお腹を上にして仰向けになっている、と言われています。

確かにそういうケースは多いと思います。

でも、必ずしもそうとは言えない場合もあるのです。

例えば、相手が自分より強いとわかって、降参の行動としてお腹を上にして仰向けになっている、という場合です。

要するに、自分からは攻撃的な行動はしないから、というメッセージ的な行動の場合もあるのです。

これは、好意的という溶離も、降参しているから何もしないで、というお願いみたいなものでしょうか。

体を密着させようとしてくる

犬が体を密着させてくるのは、基本的には、その人を信頼しているという気持ちに基づいていると思います。

だから、ほとんどの場合は、好意的な行動と言っていいかもしれません。

でも、その密着のさせ方によっては、攻撃的な気持ちが入っていることもあるのです。

密着とは少し違うかもしれませんが、お尻パンチをしてくるときです。

犬がお尻の方を密着させてきてぐりぐりするような行動です。

これは、犬が自分の方が強いんだぞ、というよな気持ちから出てくる行動と思われます。

相手に対する威嚇行動のひとつ、という場合もあるでしょう。

でもまぁ、犬が密着してくると、なんとなく嬉しいことは確かです。

これは、ほとんどの場合は、好意的、と言っていいかもしれませんね。

犬の行動だけで犬の気持ちを判断しない

このように、犬の行動も、同じ行動でも好意的な気持ちでやっている時と、攻撃的な気持ちでやっている時、そして、人への気持ちとは関係なく、犬の気分でやっている時があるのです。

犬が目を合わせてきたから犬は遺文を好意的に見ている、甘噛みをしてきたから自分に好意を持っている、と、その行動だけで犬の気持ちを判断しないで、状況を見たり考えながら、犬の気持ちの本当のところを察してあげるのが、飼い主の役目でもあるかもしれませんね。




▼ドッグトレーナーが選んだ目的別犬のしつけ教材ベスト3!

  1. しつけだけではない、犬を飼うに際して必要なことなど、全ての犬の飼い主さんに見てほしい⇒「イヌバーシティ」
  2. 早く確実にしつけをしたい方には、「ダメ犬しつけ王選手権全種目1位」の⇒「森田誠の愛犬と豊かに暮らすためのしつけ法」
  3. 愛犬の、「噛む」、「うなる」、「吠える」、でお困りの方には⇒噛み犬のしつけに重点的に取り組んできたカリスマトレーナーのしつけ法

手頃な保険料の手術のペット保険「うちの子ライト」

ペット保険・動物保険はアイペット

 

amazonの売れ筋ランキング
犬用品ドッグフードトイレシートお出かけ用品

[PR]☆ワンちゃんがとけちゃうドッグマッサージ最新副業支援ツールtop10

▼サイトコンテンツ

▼ペットの臭いが気になる方へ