トイプードル、一般的には飼いやすいと言われる犬種ですが、基本的な家庭犬としてのしつけトレーニングを行うと、格段に扱いやすいトイプードルになってくれます。

いたずら好きなトイプードルが好きな方には逆効果かもしれませんが、散歩でもしっかりと横について歩いてくれて、家の中でもいたずらをさせたくない、という方は、やはりしつけトレーニングは必要です。

ではどのようなしつけトレーニングが必要でしょうか。

これは決して難しいことではありません。

以下の5つがしっかりとできれば、日常生活でまず困ることはありません。

  • リーダーウォーク
  • スワレ
  • マテ
  • オイデ
  • ハウス

この5つがしっかりと出来ていれば、トイプードルもより扱いやすい犬になり、やってほしくないことも簡単にやめさせられるようになります。

例えばトイプードルがやってほしくないことをやっていたら、即座にスワレ、と指示して座らせて、その行為を一時的に止めさせることができます。

また、室内であれば、即座にハウスさせることができます。

そして、別途、そのやめさせたい行動に特化したトレーニングで、永久的に止めさせることできます。

したがって、まずは上の5つがしっかりと出来れば、トイプードルも単なる可愛い愛玩犬ではなく、素晴らしい家庭犬として一緒に暮らすことができるのです。

実際に、家庭犬としてのしつけトレーニングでどう変わるかをいくつか動画でご紹介します。

でも、トレーニング後の動画を見ても、「なんだ、こんなもんか…。」と思うかもしれません。

そうなんです。こんなもんでよいのです。決して、難しいことではないのです。

でも、これがしっかりといつでもどこでもできれば、トイプードルとの生活がとても楽しく、快適になるのです。

では、下のリンクからしつけ前後のトイプードルの違いをご覧ください。

▼トイプードルのトレーニング例

▼上のトイプードル1歳の男の子の2週間のトレーニング動画


▼トイプードル メニュー




▼ドッグトレーナーが選んだ目的別犬のしつけ教材ベスト3!

  1. しつけだけではない、犬を飼うに際して必要なことなど、全ての犬の飼い主さんに見てほしい⇒「イヌバーシティ」
  2. 早く確実にしつけをしたい方には、「ダメ犬しつけ王選手権全種目1位」の⇒「森田誠の愛犬と豊かに暮らすためのしつけ法」
  3. 愛犬の、「噛む」、「うなる」、「吠える」、でお困りの方には⇒噛み犬のしつけに重点的に取り組んできたカリスマトレーナーのしつけ法

amazonの売れ筋ランキング
犬用品ドッグフードトイレシートお出かけ用品

[PR]☆ワンちゃんがとけちゃうドッグマッサージ最新副業支援ツールtop10

▼サイトコンテンツ

▼ペットの臭いが気になる方へ