【犬にとっての1年とは】犬の年齢とライフサイクル

子犬にとって1年とは、どんな感覚なのか?

2022年が始まりました。2021年が始まったのが、まだちょっと前だったような感覚なのは僕だけでしょうか。

2021年は、新型コロナで始まり、新型コロナで終わった、将来見返したときに、特殊な年になるでしょう。

人間は、年をとればとるほど、時間の流れが速くなってくるように思います。

小学校時代の1年は長かったように感じていましたが、今は、1年があっという間に過ぎていく、という感じです。

では、犬にとっての1年とは、どんな感覚なのでしょうか。

もちろん、犬には人間が決めた1年なんて感覚はないでしょう。

だから、あくまでも人間の目から見た時にどうなのか、と推測してみました。

犬の年齢のページでも書いていますが、犬の平均寿命も年々伸びています。

おそらく現在は、15歳ぐらいではないでしょうか。

人間の平均寿命は80歳以上ですから、この数字から計算すると、犬は、時間の感覚が人間の5~6倍ということになりますね。

でも、犬と人間とでは、成長の仕方が違うので、そう簡単には考えられません。

ライフステージ人間の年齢犬の年齢(小型犬)犬の年齢(大型犬)
成長期0 ~ 18歳0 ~ 1歳0 ~ 3歳
維持期18 ~ 45歳1 ~ 7歳3 ~ 6歳
中年期45 ~ 65歳7 ~ 10歳6 ~ 9歳
老年期65歳 ~10歳 ~9歳 ~

犬の年齢のところでも書いていますが、小型犬の場合、1年でほぼ大人、つまり人間でいえば18歳以上ぐらいになります。ということは、犬にとって、産まれてからの1年は、人間の18年ぐらい、つまり18倍の速度で時間が流れていることになるのです。

ということは、犬の場合、産まれてから1年までは、1か月が人間の1年半に相当するわけです。

だから、子犬の時期、つまり生後1年までは、犬にとっても飼い主にとっても、とても貴重な時間なのです。

中型犬から大型犬の場合は、2~3歳で人間の18歳相当ぐらいになるといわれています。

それでも、そういった大き目の犬にとっての1か月も、人間では1年前後ぐらいとなるのです。

成犬にとって1年とは、どんな感覚なのか?

犬にとって、いわゆる成犬と言える期間は、小型犬で6年ぐらい、大型犬だと3年ぐらいです。大型犬の場合、小型犬に比べると、成長は遅いけど、老齢化は早いのです。

人間の場合は、だいたい20年ぐらいがその時期に相当します。

子犬の時期に比べると、小型犬の場合は、約3倍、大型犬の場合は6倍ぐらいとなります。

だから、成犬と言われる犬のライフステージでは、犬の1か月は、人間の3か月~6か月、1年で考えると小型犬で人間の3年、大型犬だと6年に相当するのです。

だから、犬との時間は、本来、とても貴重な時間なのです。犬にとっての1日、1日は人間よりも大事な時間なのです。

そう考えると、犬と一緒にいる時間は、より貴重な時間と思えてきませんか。

特に大型犬だと、成犬と言われる期間は3年ぐらいしかないのです。

だから、この犬の成年期を犬と一緒に楽しまないと、時間がもったいないのです。

高齢犬にとって1年とは、どんな感覚なのか?

犬も10歳近くになってくれば人間でいえば中年、10歳を超えれば、小型犬でも高齢犬といえる年齢になってきます。

犬の年齢のページでも書いていますが、1990年ぐらいの犬に平均寿命は、8~9歳だったので、ちょっと前であれば、10年犬が生きれば、長生き、と言えたのかもしれません。

でも、今は犬も、10年ぐらい生きるのは当たり前、長生きな犬であれば、20歳ぐらいまでの寿命があります。

でも、「犬も健康寿命が大事」のページでも書きましたが、10歳を超えた犬にとって、いかに健康寿命を延ばすかが、大事なことになってきます。

愛犬の健康寿命を延ばすのは、飼い主さんの役目です。

それについては、上のリンクの「犬も健康寿命が大事」のページで書いていますが、10歳を超えた愛犬と、以下に接していくか、これは飼い主さん次第なのです。

でもそれは、必ずしも飼い主さんがいかに頑張るか、だけで決まるものではありません。

人間だって、高齢者にはいろいろな人がいます。

100歳になっても元気な人、60~70代でも寝たきりになってしまう人。

犬も同じです。

でも、高齢になった犬がどんな状態になったとしても、飼い主となる人間が最後まで一生懸命世話をしてあげるのが、犬の飼い主としての義務、というか、当たり前のことでしょう。

たとえ、愛犬が寝たきりになったとしても、認知症のようになってしまったとしても、子犬の時、成犬の時は、飼い主さんの心身をしっかりと癒してくれたはずです。

だから、愛犬が高齢になってきたら、今度は飼い主となる人間が、愛犬を癒してあげたいですよね。

犬にとっての1年、それは人間の1年よりもはるかに大切な時間である、ということを改めて、心にとめておかなければいけませんね。

▼ドッグトレーナーが選んだ目的別犬のしつけ教材ベスト3!

  1. しつけだけではない、犬を飼うに際して必要なことなど、全ての犬の飼い主さんに見てほしい⇒「イヌバーシティ」
  2. 早く確実にしつけをしたい方には、「ダメ犬しつけ王選手権全種目1位」の⇒「森田誠の愛犬と豊かに暮らすためのしつけ法」
  3. 愛犬の、「噛む」、「うなる」、「吠える」、でお困りの方には⇒噛み犬のしつけに重点的に取り組んできたカリスマトレーナーのしつけ法

手頃な保険料の手術のペット保険「うちの子ライト」

ペット保険・動物保険はアイペット

 

amazonの売れ筋ランキング
犬用品ドッグフードトイレシートお出かけ用品

[PR]☆ワンちゃんがとけちゃうドッグマッサージ最新副業支援ツールtop10

▼サイトコンテンツ

▼ペットの臭いが気になる方へ