愛犬と一緒に

犬のために、というその散歩、犬をダメにしてるかも

犬の散歩をしている人で、たまに見るのが、犬の動きに合わせて動いている人です。

犬が行きたい方へ人がついていく、その時に、リードが張らないように、人がしっかりと犬についていく。

犬が止まったら、人も止まる。

犬が動き出すまで、人も動かない。

犬が動き出したらまた、リードが張らないように人が付いていく。

こんな感じの犬の散歩です。

犬をリードで引っ張ったら可哀想。

犬のために、犬に合わせて動いている、という感じです。

でも、それは犬ためには全くならない散歩ですよね。

犬が主導権を握って、人がそれに従っている。

これは、本来あるべき犬との主従関係と全く逆です。

犬のしつけの基本は、犬が人に従って行動する、というものです。

つまり、全く本来の犬のしつけに反した散歩のしかたなのです。

その結果、犬は本能のままに行動するようになり、問題を起こすような犬になる可能性が高くなってしまいます。

つまり、犬のため、というその散歩の仕方が、犬をダメにしている、と言ってもいいでしょう。

犬の散歩は、犬が人について歩いてくるようにさせる

犬の散歩は、犬の行きたい方へ人が付いていくのではなく、人が行く方へ犬が付いてくるようにさせる、これが、犬のしつけの基本です。

つまり、リーダーウォーク。このサイトでは、この言葉が何度も出てきます。

なぜか、それが犬のしつけの基本と考えているからです。

リーダーウォークが出来ている犬であれば、しつけも簡単に入れられるようになります。

また、散歩中の犬の事故などを無くすことも出来るのです。

上のリンクで紹介している例は、リーダーウォークの重要性をよく示しているのです。

犬のため、と思ってやることが実は犬をダメにしている、それは他にもいろいろとあるかもしれません

飼い主さんが、愛犬のために、と思ってやっていることが、実は犬にとって、迷惑なこと、また犬をダメにしていること、ということがけっこうあるのではないでしょうか。

上の散歩の例もその一つですが、飼い主さんは犬のためにその方がいいだろう、と思っても、必ずしもそれが、犬のためにはなっていない、ということがけっこうあると思うのです。

それらについては、また今後紹介していきたいと思います。




▼ドッグトレーナーが選んだ目的別犬のしつけ教材ベスト3!

  1. しつけだけではない、犬を飼うに際して必要なことなど、全ての犬の飼い主さんに見てほしい⇒「イヌバーシティ」
  2. 早く確実にしつけをしたい方には、「ダメ犬しつけ王選手権全種目1位」の⇒「森田誠の愛犬と豊かに暮らすためのしつけ法」
  3. 愛犬の、「噛む」、「うなる」、「吠える」、でお困りの方には⇒噛み犬のしつけに重点的に取り組んできたカリスマトレーナーのしつけ法

amazonの売れ筋ランキング
犬用品ドッグフードトイレシートお出かけ用品

[PR]☆ワンちゃんがとけちゃうドッグマッサージ最新副業支援ツールtop10

▼サイトコンテンツ

▼ペットの臭いが気になる方へ