愛犬のしつけ、リーダーウォークトレーニングをしておけば防げたかもしれない事故

愛犬の飼い方しつけ、リーダーウォークトレーニングをしておけば防げたかもしれない事故

始めに書いておきますが、この記事では、下の引用記事の飼い主さんを非難したり責めるものでは全くない、ということだけご理解をお願いします。これは、一般的な飼い主さんによく見られること、というかほとんどがこういったケースに当てはまる、と思うので、それに対しての注意喚起としつけトレーニングの推奨の意味で書かせてもらいました。

毎日新聞さんのサイトでこんな記事を見かけました。(時間が立つと記事がなくなる可能性があるので、内容を引用させてもらいます。引用元 毎日新聞さんのサイトの「マイクロチップ確認されず、処理された愛犬 飼い主ら制度の盲点嘆く」という記事)

「マイクロチップ確認されず、処理された愛犬 飼い主ら制度の盲点嘆く」

「迷子の『こつぶ』がごみ扱い」。高松市内の動物愛護団体が1月下旬、SNSに書き込んだ。迷子犬の体内には個体識別用のマイクロチップが埋め込まれていたが、車にはねられて死んだ後、送られた先はごみ処理施設だった――。

ほっそりした茶色い体に大きな耳が特徴の雌犬「こつぶ」。野犬の子犬として生後1カ月でさぬき動物愛護センター「しっぽの森」(同市)に引き取られた。市内のドッグサロンで人に慣れる訓練を8カ月受けた後、小中高生が参加する「学生愛護団体ワンニャンピースマイル」(同市)の仲介で昨年末に市内の一家へ譲渡された。

飼い主の女性(46)によると、当時2歳のこつぶは、始めはケージ内でビクビクと落ち着かない様子だったが、徐々に環境に慣れ、散歩を楽しみにするそぶりを見せるようになった。

だが、1月下旬に市内を散歩中、女性の持つリードをこつぶが引っ張った際に首輪が抜け、そのまま逃走。女性は保健所や警察に連絡し、ワンニャンピースマイルの協力も得て、ポスター掲示やSNSで目撃情報を集めた。

3日後の朝、女性の元に高松南署から電話があった。「昨夜車にひかれた犬の特徴が、警察への届け出の情報と一致した」。なきがらは道路を管理する土木事務所が既に回収していた。事務所に電話すると「もう処分した」と告げられた。女性は「直接確認しないと愛犬かどうか分からない」と訴えたが、担当者は「回収時には既に袋に入っていたため、衛生面からそのまま処分した」として、なきがらとの対面はかなわなかった。

事故現場で撮られた写真を確認し、体の大きさや色、模様からこつぶと判断するしかなかった。小学4年生の息子は愛犬の死を知って「せめて埋めてあげたい。会えないの。骨のひとかけらもないの」と泣いた。女性は「逃がしてしまったことに飼い主として責任を感じているが、最後に会いたかった。こつぶの死を無駄にしたくない」と話す。

こつぶの体には小さなマイクロチップが埋め込まれていた。阪神大震災(1995年)で多くのペットが行方不明となり普及の議論が高まった。90年代後半から実用化され、環境省も装着を推進している。直径1~2ミリ、長さ8~12ミリの円筒形で、犬猫の首元の皮下に注射器状の器具で埋め込む。専用の機器をかざして個体識別番号を読み取り、データベースに登録された飼い主の名前や住所を呼び出し、ペットの発見に役立てる仕組みだ。

こつぶにはチップが装着されていたのに、飼い主の元になぜ返されなかったのか。県警によると、迷い犬・猫を保護した場合は、全12署に1台ずつ読み取り機を配備しているが、交通事故で死んだ場合は確認していない。路上で死んだ犬猫の回収は道路管理者や自治体が業者に委託するのが一般的だが、「回収業務は道路の安全管理にとどまり、死骸の損傷が大きい場合もある」(高松土木事務所)などの理由から、そのままごみ処理施設に送られてしまうのが現状だ。

チップの取り扱いについては国の指針があるが、路上で死んだ犬猫は想定していないため、こうした事態が起きているようだ。環境省の動物愛護管理室によると、生きた犬猫が保護された場合は各地の保健所や警察署が確認することになっている。「逃がさないための管理が優先で事故死は取り組みの範囲外」(同室担当者)という。

ただ、チップの存在が悪質な繁殖業者による死骸の遺棄や虐待死の抑止力になると期待されている面もある。環境省の担当者は「事故死などの事例が多ければ、都道府県と対応を話し合いたい」と話す。

回収業者がチップ情報読み取る先進地も

自治体の先進的な取り組みもある。埼玉県上尾市ではごみ処理施設に持ち込まれる犬猫の死骸は首輪の有無にかかわらず、回収業者がチップの情報を読み取っている。過去にペットを探す飼い主から処理施設に問い合わせがあり、獣医師協会の助言を得て10年から市が業者に読み取り機を貸与している。横浜市でも17年からチップの情報確認を回収業者との委託契約に盛り込んでいる。

チップ自体の普及が進んでいない問題もある。ペット保険を取り扱うSBIグループの保険会社(東京)が2019年に行った犬猫の飼い主への調査によると、チップ装着の割合は犬で35・2%、猫で17・8%にとどまった。こうした中、22年6月には改正動物愛護管理法の施行によって、繁殖業者やペットショップに装着が義務づけられ、愛護団体や個人から譲り受けた場合には装着が努力義務となる。

ワンニャンピースマイル責任者の鈴木葉子さんは「飼い主の責任として、ハーネス着用や2重リードなどの脱走対策は必要だが、装着が一部で義務化されるのに、交通事故などの場合を想定しないのは制度として問題だ。亡くなった子に飼い主が最後に会えるように団体として働きかけていきたい」と話している。【西本紗保美】

毎日新聞 マイクロチップ確認されず、処理された愛犬 飼い主ら制度の盲点嘆く https://mainichi.jp/articles/20220218/k00/00m/040/114000c

この記事の内容は、愛犬家にとってはとても重要なことを示唆しています。そこで、毎日新聞さんのサイトで記事が将来的に削除されてもいいように、内容の全文を引用させてもらいました。

大事な点は3つあります。

  1. 犬の首輪が適切に付けられていなかったこと。
  2. 犬が逃げて行ってしまったこと。
  3. マイクロチップにも盲点があるということ。

上の1と2は、一般的に多くみられるケースなのですが、これは、犬の首輪の付け方が適切であれば、またリーダーウォークトレーニングをして犬がリーダウォークを出来るようになっていれば、こういった事故は防げた、と思われます。

犬の首輪は適切に調整して付ける

犬の首輪が緩くて、すぐに抜けてしまう。

これは、実際にペットホテルや犬のトリミングのお客様の犬を送迎している時にも、何度かありました。

また、抜けたことはなくても、これでは場合によっては絶対に抜けるだろう、というような調整の仕方で首輪が付けられている犬はたくさん見ています。

首輪ではなくても、胴輪でも同じです。

首輪は適切に調整すれば、そう簡単に抜けるものではありません。

きつくすると可哀想、と思って、ユルユルに付けているのかもしれませんが、それが、首輪が抜ける、という事態を招いているのです。

首輪が抜けないように調整しておけば、こういった事故は防ぐことが出来るのです。

首輪の調整は、大事なのです。

犬がリーダウォークを出来れば逃げることはない

問題の2つ目は、首輪が抜けた後、犬が逃げてしまったことです。

例え、首輪が抜けてしまっても、犬のしつけトレーニングで、オイデなどの呼び戻しが出来れば、すぐに呼び戻すことが出来ます。

また、犬がリーダウォークを出来るようになっていれば、首輪を抜くような行動もとらないし、抜けたとしても、飼い主さんから離れることはありません。

犬のしつけトレーニング、特にリーダーウォークトレーニングは、単に犬と飼い主さんの信頼関係を深めるだけでなく、こういった事故を防ぐことも出来るのです。

僕たちは、犬のしつけの基本は、リーダーウォークトレーニングだと思っています。

犬を飼っている人には、ぜひ、下のリンクカードのページを参考に愛犬にリーダウォークを教えてほしいとおもいます。

一般的に、リーダーウォークができる犬を見かけるのはほとんどありません。

でも、仮にリーダーウォークが出来ていれば、最初に紹介したような事故は起こらなかったでしょう。

犬のリーダーウォークは、出来るようにさせておけば、犬にも飼い主さんにも、メリットがたくさんあるのです。

犬のマイクロチップにも盲点が。でもあれば救われる場合もある

最初に紹介した記事で事故に会ってしまった犬には、マイクロチップが装着されていたとのことなのです。

それでも、事故の場合は、一般的にはそれは確認されずに、処理されてしまうことが多いとのことです。

だから、こういったケースでは、マイクロチップを装着させておいても、役に立たないケースもある、ということです。

しかし、自治体によっては、こういったケースでもマイクロチップの確認をする、というところも出てきているようです。

今後は、もっと増えていくことが期待されます。

従って、マイクロチップは、やはり装着しておいた方が良い、と言えるのかもしれません。

愛犬がリーダウォークを出来るようになっていれば、こういった事故は起きません。

でも、地震や大雨、台風などの自然災害が多くなっている今日この頃ですから、いつどこで何があるかわかりません。

そういったことも考えると、やはり、マイクロチップを入れておくことが、何かあった時に犬を救うことになるかもしれません。

令和4年6月1日から、ブリーダーやペットショップ等で販売される犬や猫については、マイクロチップの装着が義務化されることになりました。

したがって、今後犬を迎える場合は、マイクロチップを装着している犬を迎えることになるとおもいます。

でも、今現在飼われている犬の多くは、マイクロチップを装着してはいないでしょう。

そういった場合は、動物病院で、数千円から1万円ぐらいの費用で、愛犬にマイクロチップを装着することが出来ます。

別途、踏力量も千円ほどかかるようですが、犬を飼うのであれば、そのぐらいの費用は大きなものではないでしょう。

犬の逃走や事故だけでなく、自然災害で犬と離れ離れになってしまう可能性もあります。

マイクロチップを付けていない犬には、装着することを検討しても良いのではないでしょうか。




▼ドッグトレーナーが選んだ目的別犬のしつけ教材ベスト3!

  1. しつけだけではない、犬を飼うに際して必要なことなど、全ての犬の飼い主さんに見てほしい⇒「イヌバーシティ」
  2. 早く確実にしつけをしたい方には、「ダメ犬しつけ王選手権全種目1位」の⇒「森田誠の愛犬と豊かに暮らすためのしつけ法」
  3. 愛犬の、「噛む」、「うなる」、「吠える」、でお困りの方には⇒噛み犬のしつけに重点的に取り組んできたカリスマトレーナーのしつけ法

手頃な保険料の手術のペット保険「うちの子ライト」

ペット保険・動物保険はアイペット

 

amazonの売れ筋ランキング
犬用品ドッグフードトイレシートお出かけ用品

[PR]☆ワンちゃんがとけちゃうドッグマッサージ最新副業支援ツールtop10

▼サイトコンテンツ

▼ペットの臭いが気になる方へ