子犬を迎える準備

子犬を迎えると決まったら、あらかじめ準備しておくことが必要ですね。どこでどのように育てるか、これはしつけの入れやすさなど将来的に犬の扱いやすさ、犬との生活を楽しく過ごせるかに大きな影響があるので、よく検討してくださいね。可愛い子犬を迎えるんですから、誰からも愛され、可愛がられる犬に育てたいですからね。

子犬の飼育スペースをどこにするか?

子犬

ペット・トライアングルでは例え大型犬でも室内で飼うことを強く推奨しています。やむを得ず室外で飼う場合でも、まだ生後2~4ヶ月ぐらいの子犬を迎えるときは、犬のサイズにかかわらず、まずは室内で飼ってあげてください。特に寒い冬の季節は、外で飼う予定の犬でも暖かい春になるまでは、室内にとりあえずは飼育スペースを作ってあげてください。

室内飼いの場合、玄関やリビングの出入り口など、人が頻繁に出入りするところは犬が落ち着けない場合があるので避けた方がいいですね。

といって、人がほとんどいない部屋ではなく、家族の声がいつも聞こえるリビングの落ち着けるところが良いと思います。

リビングルームであれば、犬との主従関係がしっかりと出来た後に、飼い主さんがいるときは犬をリビングルームに出してあげられるようにしても、犬は寝床となるケージでいつでも戻って休むことが出来、また急な来客などで犬をケージに入れるときでも、“ハウス”の一言で、すぐに犬をケージに戻すことが出来ます。

2. 準備しておくもの

子犬を迎える前に犬のケージ(ハウス)、食器、そして室内飼い予定の犬にはトイレも準備しておいてあげましょう。そのあたりのことについては、犬の飼い方の各ページも参考にしてほしいと思います。このページの下の方にリンクがあるので、併せて参考にしてください。

以下に、室内飼いの場合と、一応屋外飼いの場合を書いていますが、犬種や犬の大きさにかかわらず、出来るだけ室内で飼うことを強くお願いします。

その前に、飼う場所にかかわらず、首輪とリードが必要となります。これは子犬を迎える準備というよりは、子犬を迎えた後でよいのですが、一応書いておきます。

まだ散歩に行かない時期は首輪はあえて必要ありませんが、首輪も、リードもはじめから用意しておいた方が良いと思います。またしつけではチェーンカラーなどを使うので、最初から首輪をつけて首に何かを付けることに慣らせておくことも有効です。

参考までに、首輪は、子犬の首の大きさをあらかじめ測り、そのサイズに合わせた首輪を購入して、付ける時は首輪が抜けないように、首輪と犬の首に指2本程度が入るぐらいのゆとりがあれば十分です。ただし、子犬はどんどん成長することも考慮して選んであげてください。

また、しつけを始めるようになったらチェーンカラーもひとつあると有効です。特に甘噛みをする子犬はすぐに止めさせたいので、その時はチェーンカラーが特に有効です。

犬は出来る限り室内で飼いましょう

*繰り返しになりますが、犬種、大きさに関わらず出来る限り室内飼いにしてあげてください。

・ ケージ

ケージについては犬の飼い方の“犬のハウス”のページに私たちの基本的な考えが書いてありますので、ご参考にして下さい。そこに書いてある通り、私たちのお勧めはプラスチックケージです。

理想的には、子犬の大きさに合わせて、子犬が横に慣れるぐらいの大きさのケージを子犬の成長に合わせて変えていくのが良いと思いますが、その場合、成長過程のケージはすぐに不要になってしまうので、成長後のサイズの大きさに合わせたケージを最初から使用するのが現実的かと思います。

・ トイレ

室内の場合、まずトイレのトレーニングからはじめる必要があるので、犬が出ないように出来るサークルを利用するのが良いと思います。ペットショップなどで売っているプラスチックのベースと柵状の囲いのある底面が90㎝×60㎝のサークルが使いやすいです。このサイズであれば、成犬になっても中型犬ぐらいまでは問題なく使用できます。

このサイズのサークルにはダブルワイドサイズのペットシート(トイレシート)がちょうど合うようになっているので、あらかじめ一緒に購入しておくといいでしょう。

トイレスペースもあるサークルもあるのですが、ハウスとトイレは分けた方がトイレトレーニングもしやすく、犬もわかりやすいのでお勧めします。

・ 食器

犬用の食器も専用に用意した方が良いと思います。ただ、あえてフード用と水用を用意する必要はないでしょう。特に子犬の場合、水をいれた食器をすぐにひっくり返してしまったりするので、フード用の食器で食後や散歩のあとなどにあげるか、またはケージに取り付けて犬がなめると水が出るタイプの給水器を使用するのが良いと思います。

以上が子犬を迎える前に準備しておくことや、物です。

子犬だから、おもちゃも用意して置いてあげようという気持ちになる方もいらっしゃるかもしれません。

でも、おもちゃを追いかけさせたりして遊ぶと、そのやり方によっては、犬の狩猟本能を刺激して、家庭犬としてのしつけが入りにくくなる場合があります。

まずは、人間とのスキンシップと愛情で子犬の心を満たしてあげることが重要だと思います。

次のページは 子犬を迎えて1週間まで

前のページは 子犬を迎える前に

★☆★ ペット・トライアングルお勧めしつけDVD
★私たちが唯一参考にしたペット・トライアングル一押しのDVDがあります。犬はしつけられても、どうやってしつけるかを飼い主さんに教えるのが私たちはまだまだ未熟だと思っています。その点で、経験と実績豊かな森田誠さんのDVDはよりわかりやすいと思います。犬のしつけに真剣に取り組みたい方には、とても役立つDVDです。ペット・トライアングルのサイトと併せてご覧になると、とても効果的ですので、下記のリンクからご覧になってみてください。

▼「森田誠の愛犬と豊かに暮らすためのしつけ法」 DVD 2枚セットはこちらからどうぞ

★森田式犬のしつけ方法とは?
▼最初だけはフードを使っても、という方には⇒「イヌバーシティ」
▼噛み癖でお困りの方には⇒「噛み犬のしつけに重点的に取り組んできたカリスマトレーナーのしつけ法」

▼子犬の迎え方メニュー

  1. 子犬を迎える前に
  2. 子犬を迎える準備
  3. 子犬を迎えて1週間まで
  4. 子犬を迎えて1週間から
  5. 子犬を人間社会に慣れさせる
  6. 子犬が生後3ヶ月を過ぎたら
  7. 子犬のトイレトレーニング
犬の飼い方・しつけ方 メニューページへ

▼サイトコンテンツ

■■■■■

▼ドッグフード専門の情報サイトドッグフード・インフォ Dogfood-Info

■愛犬の健康のために、まずはお試し価格でどうぞ!

■ペットの臭いが気になる方も、まずはお試し価格で!